オブジェクトの広場は株式会社オージス総研グループのエンジニアによる技術発表サイトです

2016
6
月号

今年もそろそろ折り返し地点です。皆さまいかがお過ごしでしょうか。オージス総研では今年も学生の方を対象としたソフトウェアコンテストを開催します。ご興味がある方はぜひOSCA2016サイトで詳細をご覧ください。
今月は以下の記事4本をお届けします。今月もオブジェクトの広場をお楽しみください。(2016.6.9)

第四回 AWS IAMとOpenAMを連携してアカウント管理を効率化してみた

本連載記事は、主にアプリケーション開発者を対象の読者とし、ネットワーク上の新たな境界として台頭しつつある「アイデンティティ型の境界」を実現するための数ある認証連携方式の中から、「OpenID Connect」に注目して仕様説明と有用性を解説します。最終回の今回は、OpenID Connectで連携されたアイデンティティ情報を活用したOpenAMとAWSマネジメントコンソールの認証統合の実装をご紹介します。

OGIS Scalable Agile Method 2.0入門 第5回 OGIS Scalable Agile Method 2.0基本形での開発の流れ

本記事では、直近 2 回の記事で説明したDtoD (Discover to Deliver)とA-TDD (Acceptance Test Driven Development)とスクラムを組み合わせたOGIS Scalable Agile Method 2.0基本形での開発の流れを説明します。

IEEE Software January/February 2016 目次と要旨(日本語訳)

IEEE Software Jan/Feb 2016号の特集は、「ソフトウェア工学の将来」です。大学の先生方の予測だけではなく、米国、中国、ブラジルの産業界の有識者達が様々な予測を述べている点がなかなか興味深いです。また、"Enterprise Integration Patterns"の刊行からの10年を振り返った著者達の対談記事も掲載されています。

AWS Summit Tokyo 2016~クラウドの導入からクラウド活用の最適化へ~

AWSに関する日本最大級のイベント「AWS Summit 2016」が2016/6/1~3に開催されました。今年は、クラウドに最適化されたシステム開発や実践的なDevOpsのセッションが増えたり、新たにIoT専門の展示ブース「IoTパビリオン」が設置されるなど新しい動きも垣間見れたりしました。本記事では著者が聴講したGeneral ConferenceおよびDeveloper Conference(共に6/2~6/3)のセッション、IoTパビリオンを中心にイベントの模様をお伝えします。

7月号は、7月7日頃の公開予定です。

[From Editors]

  • 週末、6月1日にオープンした東京ディズニーセレブレーションホテルに家族3人で宿泊しました。ベッド2台、ソファ2台がある広々とした空間。壁にはアリスや白雪姫など、娘のテンションが上がるイラスト。とてもステキな部屋でしたが、お風呂は安いビジネスホテル並の狭さとデザイン。。。そのギャップに、妻と目を合わせて笑ってしまいました。お風呂でも夢をみたかった。(ひろやす)

"こんなコーナーが欲しい"、"こんな話を聞かせて欲しい"など、このページに関するご意見・ご要望は、お気軽に、オブジェクトの広場編集部 oosquare-editor@ogis-ri.co.jp までお寄せください。