ObjectSquare [2004 年 4 月号]

[オージス総研の本]


合格 Expert シリーズ
UML モデリング技能認定試験
入門レベル( L1 )対応問題集

(株)オージス総研 竹政 昭利 著
技術評論社社 価格 3,129 円 (税抜き 2,980 円)
IISBN4-7741-1972-5

UMTP 入門レベル( L1) 対応問題集
第 1 章〜第 10 章は L1T1 対応
第 11 章〜第 16 章は L1T2 対応

目次
『はじめに』より

目次

L1T1
第 1 章 モデリングを行う上でのオブジェクト指向の基本概念
第 2 章 要求モデリングの前提知識 ユースケース図
第 3 章 構造モデリングの前提知識 クラス図
第 4 章 振る舞いモデリングの前提知識 シーケンス図
第 5 章 振る舞いモデリングの前提知識 コラボレーション図
第 6 章 振る舞いモデリングの前提知識 ステートチャート図
第 7 章 振る舞いモデリングの前提知識 アクティビティ図
第 8 章 実装モデリングの前提知識 コンポーネント図
第 9 章 実装モデリングの前提知識 配置図
第 10 章 その他の前提知識 パッケージ・ノート・図の対応関係
L1T2
第 11 章 開発プロセス/モデリングの基本概念
第 12 章 要求定義モデリング
第 13 章 構造モデリング
第 14 章 振る舞いモデリング
第 15 章 実装モデリング
第 16 章 複数の図を使用したモデリング
ページのトップへ戻る

『はじめに』より

UML に関する資格試験には UML モデリング技能認定試験があります。この試験は(株)オージス総研が実施していた UML 技術者認定制度を拡張し、2003 年 11 月に実施母体を UMTP ( UML モデリング推進協議会)へ移行させたものです。

UML モデリング技能認定試験の特徴は、モデリングを重要視しているところです。UML も普及期を迎え、ただ単に UML の読み書きができるだけではなく、UML を使っていかに分析・設計対象を表現し伝えられるかというスキルが重要になってきました。その意味で、この資格取得はより実践的な技術者になるための 1 ステップとなるでしょう。

UML モデリング技能認定試験は L1 〜 L4 の 4 レベルが予定されています。その一番初級レベルである L1 は T1 と T2 の 2 つの試験に両方合格する事で認定されます。T1 は UML でモデリングを行う上での前提知識を問う試験で、T2 はモデリングの入門的なスキルの試験です。

本書は L1 レベルに対応しています。1 章から 10 章が L1-T1 に、11 章から 16 章が L1 − T2 に対応しています。各章は出題カテゴリで必要とされる用語や概念に関する説明、問題および解答で構成されています。

説明部分は見開き 2 ページで 1 項目を取り上げ、重要度、まとめ、発展知識を付記しました。知識の整理に役立てて下さい。

問題部分は、本試験の模擬問題になります。数をこなすことで、合格レベル到達できることでしょう。付属の CD-ROM に収録されている CB-Trainer は実際の試験形式に合わせて本書の問題を解くことができるソフトです。ぜひ使いこなして、合格を目指してください。

最後に、本書を出版するにあたり、協力および便宜を図って頂いた社内外の方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

2004 年 2 月 竹政 昭利

ページのトップへ戻る

© 2004 OGIS-RI Co., Ltd.
HOME INDEX TOP オブジェクトの広場 TOP