ObjectSquare [2008 年 5 月号]

[特別企画]


モデリングカフェ「Square」

〜UMLでモデリングを愉しもう〜

 

−第 17 回− 国語辞典をモデリングする

(株)オージス総研
組み込みソリューション部
田中恒

目次

  1. 前回の問題(多言語コミュニケーション)
  2. 読者解答モデル
  3. 解答例
  4. 今月号の問題 (出題)
  5. 解答モデルの送付について
  6. 参考文献

1.前回の問題( 多言語コミュニケーション )

前回の問題をもう一度確認しておきましょう。

【お題16】多言語コミュニケーション

たけしとキャシーが会話をしています。でも、日本語と英語が混ざっているようです。

お題(多言語コミュニケーション)
お題(多言語コミュニケーション)

この状況をモデリングしてください。

不足する情報は適宜補っていただいて結構です。補った情報は、コンセプトに記述してください。 解答はクラス図で表現して下さい。クラスには必要な属性を、関連には多重度を明記するのがポイントです (解答時間の目安は15分〜30分です)。

ポイント解説

このお題のように、モデリングの対象が目に見えないものや現象、人の活動などの場合、何に注目してモデリングするか難しいものです。 このような場合はいきなりモデリングを始めるのではなく、スケッチを描く、気付いたことを箇条書きにしてみるなどして、モデリング対象となる重要な情報を見つけ出しましょう。 このお題では、図と箇条書きにあるように、会話(コミュニケーション)と人の言語能力に注目します。

まずは会話(コミュニケーション)について見ていきます。 図を見ると、人と人の間で何らかの言葉(単語や文)を交換することが会話だと言えそうです。 多言語コミュニケーションということで、言葉はある「言語」で規定されると考えると良いでしょう。 ソフトウェアやネットワークに詳しい人は、メタファとしてプロトコル(通信規約)を考えるとわかりやすいかもしれませんね。 例えば、FTP でファイルを転送する、HTTP でファイルを転送する、という具合です。 このように考えると、発せられた言葉そのものが重要なのではなく、言葉の上で伝えられる思いやメッセージが重要と捉えることもできます。 発せられる言葉を抽象化して、例えば「メッセージ」としても良いでしょう。

次に、人の言語能力を見ていきます。 箇条書きの情報からは、「人」「言語」、そして聞き取るや話すという「能力」が見つかります。

「能力」というのはどういうものなのか、もう少し検討してみましょう。 「能力」は「人」が有するものです。 では、「人」とだけ関連する概念と考えてよいものでしょうか。 日本語は得意だが英語は苦手な人というように、「能力」は「言語」とも関連します。 つまり、「能力」は「人」と「言語」の間にある概念(関連クラスとなるような概念)ですね。 ただし、「能力」を単純に「人」と「言語」の間の関連クラスとするのは慎重になりましょう。 「聞き取る」や「話す」というように「能力」にもいろいろあります。 「書く」「読む」など「能力」を付け加えて遊んでみてください。

2. 読者解答モデル

当カフェのマスターとヒトクセある!?常連たちと一緒に解答モデルを見ていきましょう。 コーヒーなどを飲みながら、皆様も一緒にわいわいやる感じで考えてみてください。

読者解答1:喜多久保 英美 様
読者解答2:松田 政博 様

3. 解答例

解答例としまして、当カフェのマスターのモデルを紹介致します。 コンセプト次第でモデルは変わりうるものですから、 正解としてではなく、1つの考え方としてご覧ください。

  
解答例

4. 今月号の問題 (出題)

今月号の問題です。モデリングの進め方については、第 1 回のモデリングの進め方を参照してください。

【お題17】国語辞典

国語辞典をモデリングしてください。

じしょ(辞書)
[一] 多くの言葉や文字を一定の基準によって配列し、その表記法・発音・語源・意味・用法などを記した書物。(中略)。
辞典。辞彙(じい)。語彙。字書。字引。
[二] 仮名漢字変換方式のワード-プロセッサーにおいて、仮名に対応する漢字を登録しておくファイル。(後略)。
[三] 辞職の意を記した文書。辞表。

※三省堂「大辞林 第二版」より引用

不足する情報は適宜補っていただいて結構です。補った情報は、コンセプトに記述してください。 解答はクラス図で表現して下さい。クラスには必要な属性を、関連には多重度を明記するのがポイントです (解答時間の目安は15分〜30分です)。

5. 解答モデルの送付について

解答モデルの送付についてをご覧ください。
なお、今月号は第 17 回です。 締め切りは 2008 年 6 月 19 日 (木) です。

解答例掲載は 2008 年 7 月号 ( 2008 年 7 月上旬 ) を予定しています。

6.参考文献

本連載では、文献[1]をベースに、より気軽にモデリングを愉しんでいただけるテイストにしております。 モデリングに関するしっかりした解説が欲しい場合には、以下の書籍をご覧になると良いと思います。

  1. 「思考系UMLモデリング即効エクササイズ モデ力を鍛える13の自主トレメニュー」、渡辺博之他、翔泳社
  2. 「UMLによるオブジェクト指向モデリングセルフレビューノート」、荒井玲子著、ディーアート
  3. 「UMLモデリングの本質」、児玉公信著、日経BP社

記事の内容を5点満点で評価してください。
1点 2点 3点 4点 5点
記事に関するコメントがあれば併せてご記入ください。

© 2008 OGIS-RI Co., Ltd.
Prev. Index Next
Prev. Index Next