ObjectSquare [2001 年 6 月号]

[Kent Beck XPセミナー特集]




XP Seminar 参加報告



4月19日(木)、東京ファッションタウンにて「eXtreme Seminar on eXtreme Programing (以下 XP Seminar)」が開催されました。UML Forum での Jacobson、Fowler に続き、今回も「XP エクストリーム・プログラミング入門」の著者 Kent Beck が来日し、丸一日 XP の考え方、実践方法について直に話を聴くことができました。では、セミナーの内容を簡単に報告したいと思います。


はじめに

まずはじめに、事前の広告や Web の案内等では開始 10:30 となっていたのですが、実際会場へ行ってみると 11:00 から開始とのこと、多くの人が無駄に30分時間を過ごすことになり、これはちょっといただけないなと思いました。で、その30分ですが、他のオージスのメンバと話をしたり、先行発売されていた K. Beck と M. Fowler の「XP エクストリーム・プログラミング実行計画」を買って見たりしていました。この本まだじっくり読んではいませんが、通勤途中などで気軽に読めそうな本だと思います。


テイラリズム vs. ソフトウェア開発

午前の講演では、テイラーが提唱した、専門化と完全分業を行うという工場などでの管理手法 (テイラリズム) と、そのソフトウェア開発への影響、そして、それに対する XP からのアンチテーゼという形で話が進められました。テイラリズムは、労働者の生活向上と労使関係の改善を行ったが、労働者を「頭が悪く」「怠惰で」「欲が深い」、あるいは単なる「物」という視点でしか見ていないと、Kent Beck は指摘していました。そして、ソフトウェア開発においても、このテイラリズムの考え方が大きな影響を与えていると。それに対して、XP では、労働者すなわちプログラマを「人間」として扱おうとしていると言っていました。
このような XP のいわば哲学の話に続いて、12のプラクティスなど XP の特徴がいくつか紹介されました。詳細は書籍等を見ていただくとして、いくつか印象に残った点 (質問への回答を含む) を上げておきたいと思います。


XP での計画

午後は、「Tea Maker の絵をかく」という課題で、8名 (顧客側4名、開発側4名) ずつのグループに分かれ、XP での計画を実際に体験するという時間でした。私は開発側だったのですが、お客様の要求を Story という形に整理し、見積もりを行い、各イテレーションで実装する Story を決め、実践し、修正し、また実践する、といった作業を行いました。最初、やり方を飲み込むまでに時間がかかってしまったので、もう少し時間があればとも思いましたが、なかなか面白かったです。ただ、XP では「実装しながら設計を行っていく」という考え方のようですが、実際にやってみると、機能を追加していくにつれて、だんだん全体の整合性が取れなくなってしまうので、ある程度の事前設計と、途中での設計見直しはやはり必要だなと感じました。
会場では、あるチームが描いた Kent Beck の小便小僧型 Tea Maker が発表され、大いに受けていました。


休憩時間中、Kent Beck のサイン&握手会(?)が開催されました。私も買ったばかりの「XP エクストリーム・プログラミング実行計画」にちゃっかりサインをもらってきました。内表紙の「ケント・ベック」とカタカナで書かれた部分を線で消して、その上に英語でサインされていたのですが、これってお決まりなのでしょうか?


テスト・ファースト、質疑応答

テスト・ファーストの話とデモのあと、質疑応答の時間となりました。これもいくつか印象に残った点をあげておきます。

追加で次の質問がありました。


以上で報告を終わりにします。全体的に Kent Beck の主張が伝わってくる面白いセミナーだったと思います。

(よ)

≪関連 URL≫


アンケートにご協力お願いいたします
記事の内容を5点満点で評価してください。
1点 2点 3点 4点 5点

© 2001 OGIS-RI Co., Ltd.
HOME HOME TOP オブジェクトの広場 TOP