ObjectSquare [2008 年 8 月号]

[技術講座]


コミュニケーションの事前準備とワークショップ運営のポイント

顧客も知らない真の要求を導き出す

正木威寛

日頃、要求定義に携わっている皆さんは、コミュニケーションの重要性を身をもって感じていらっしゃることでしょう。顧客から確かな要求を導き出し、仕様化する作業には、コミュニケーション能力はもちろん、調整力や折衝力、良い雰囲気を作る能力など、さまざまなスキルが求められます。

本稿では、要求定義に先立って事前に準備しておくべきこと、そして要求定義を実践するうえで肝となるコミュニケーションの勘所を説明します。

※本稿は翔泳社発行の 開発の現場 Vol.0010 に掲載されたものを翔泳社の許諾を得て掲載しています。
『開発の現場』 Vol.0010 http://www.shoeisha.com/mag/kaihatsu/backnumber/vol10.asp

※一切の転載をお断りします。

記事

記事はこちらから (pdf ファイル: 747 KB)

※ブラウザでの表示がエラーになることがあるようです。その場合はローカルにダウンロードしてご覧ください。

ご覧になるには Adobe Reader が必要です。 Adobe Reader は アドビシステムズ社 から無料でダウンロードできます。


記事の内容を 5 点満点で評価してください。
1 点 2 点 3 点 4 点 5 点
記事に関するコメントがあれば併せてご記入ください。

© 2008 正木威寛
HOME HOME TOP オブジェクトの広場 TOP