オブジェクトの広場は株式会社オージス総研グループのエンジニアによる技術発表サイトです

技術講座

システムエンジニアリングで SysML を使いこなす

近年、日本でもシステムエンジニアリングに SysML を活用する動きが活発になっています。しかし、日本語で提供されるドキュメントやセミナーは SysML の言語仕様に焦点を当てたものが多く、実際のシステムエンジニアリングにおける活用方法を理解できる資料は少ないのが実情です。この特集では、組込みシステム開発におけるモデリング手法、オブジェクト指向的な開発について、SysML をベースに解説。システムエンジニアリングや設計段階で、いかにモデル開発を取り入れればよいのか、その概要と実践について説明します。

※本稿は、技術評論社刊『組込みプレス Vol.18』に掲載された特集記事「特集2 システムエンジニアリングで SysML を使いこなす」の転載です。 技術評論社の了承を得て転載しています。 本稿については、一切の転載をお断りします。

株式会社オージス総研
ソリューション開発本部 組み込みソリューション部
青木 淳
筆者プロフィール:
製造業メーカでさまざまな組込みシステム開発に従事した後、オージス総研に入社。 オージス総研では、製造業向けの組込みソフトウェア開発のコンサルティングを長年行っている。 組込み開発の現場を知り尽くしたきめ細かな現場支援には定評がある。 機械メーカを中心に、さまざまな組込みソフトウェア開発に対するコンサルティング実績を持つ。