「データ利活用」を成功に導く

データサイエンティスト紹介

概要 データ利活用 プラットフォーム 継続的利用 事例 講演資料

Data Scientist Profile

いぶし銀の洞察力。梅崎正幸

お客様へのメッセージ

私は長年データ分析を行っていますが、注力している点が二つあります。それは、「データを見る力」と「お客様とのコミュニケーション」です。

前者は、正しい分析結果を得るために、どのような課題が解決できるのか?不正値や異常値はないか?分析手法は何が適切か?などを考え、出た結果から何がわかるのかを考えて実行するということです。

後者は、いくら正しい分析結果を出しても、お客様にその結果を理解して、使っていただかなければ意味がありません。お客様とコミュニケーションをとり、施策につながる結果を出すという事は非常に重要です。

これら二つの事をバランスを取りながら分析をするというのは、実はなかなか難しいのです。

私が成功したと思うのは、お客様から感謝の言葉をいただいた時です。今後もこれら2点に磨きをかけて、一つでもお客様から感謝の言葉をいただけるように頑張っていきます。

お客様の声

『こんな分析をして!と言ったら、言われた内容だけをするん じゃなくて、「言われた通りやったらこんな結果になったけど、芳しくないので、こういう分析もしてみました・・・」という感じで 、鋭い洞察力で自ら新しい分析を構想し提案し実行してくれる。』 高度分析顧客 A様

『梅崎さんは、データ分析という、やってみないと結果が分からない不確実性な 業務を引き受けるツボを心得ておられます。元データのおかしな所を察して 対応策を提示して下さったり、思わしくない結果が出て試行錯誤しそうな点を 適切に見抜いて、中間報告などのスケジューリングを提案して下さいます。長年お世話になっていますが、梅崎さんなら安心してお願いできます。』 高度分析顧客 B様

ページトップへ戻る

お問い合わせ

お問い合わせ

ビッグデータに関するお問い合わせはこちら