さらに詳しく知る 金融システム開発 [静的解析ツール] Coverity コベリティ

金融分野における豊富な実績・ノウハウでコベリティの導入・活用を強力に支援

品質確保の取り組みに実際Coverityは役立つのか。金融システム開発プロジェクトにパートナーを引き連れ約30名の開発部隊として参画し、導入・運用を始めている弊社のプロジェクトマネージャーが語ります。

第1回

バグそのものや脆弱性など
クリティカルな問題が検出できる

指摘が多すぎて使いにくいという従来の
静的解析ツールのイメージが変わる

バグそのものの検出は、他の静的解析ツールと比してCoverityが得意とするところですが、金融の開発現場での具体的な事例を、プロジェクトマネジャーの声からご紹介したいと思います。 ...続きを読む

第2回

フェーズ移行の基準が厳格な
金融システム開発だからこそ、
フェーズ内でバグを取りきる

金融システム開発では「プロジェクトのフェーズ移行審査が厳しく、「行数」「想定されるバグ数」をはじめ管理・報告すべき項目が多い」と金融のシステム開発を担当しているプロジェクトマネジャーは言います。
...続きを読む

第3回

さらなる品質の高度化にむけて

−テスト工程そのものの改善−

Coverityの関連ツールによってテスト工程そのものをどのように改善できるかその展望を示したいと思います。コーディング工程とテスト工程は、開発スケジュールの線表上は一方向に進んでいくように描かれます。しかし、実際の現場では2つの工程間、あるいは ...続きを読む

弊社でデモンストレーション環境を用意し、金融システム開発での運用事例とあわせてご紹介しますので是非お問い合わせください。

[静的解析ツール] Coverity コベリティ 製品詳細はこちら

  • 金融業界向けソリューション
  • 金融向け導入実績
  • 金融システム関連ニュース
  • お問い合わせ