情報漏えいを起こすUSBメモリ等を禁止しつつ
安心してファイルの受け渡しが可能な
「オフィス宅ふぁいる便+情報漏えい対策パック」

 

 

対策をしなければ情報漏えいは起きてしまいます

USB接続可搬記憶媒体(USBメモリ、スマートフォン等)に関する悪意のないもの(紛失、第三者による盗難等)を含む情報漏えいは年間760万人(2012年度)ともいわれます。

また、インターネットのファイル転送サイトは暗号化技術でデータ送信の秘密が守られているため、なにが送られているかを企業側で確認することができません。

セキュリティ製品単品では効果的な情報漏えい対策は困難

USBメモリを禁止してもインターネット経由でファイルの持ち出しができてしまうように
セキュリティ製品はそれぞれカバーする範囲があり、単品で対策を賄えるものではありません。

また、情報漏えい対策を強固にするだけでは、業務上必要な情報の受渡もブロックされてしまうので
対策と同時に「業務のための企業としての公式の情報受渡方法」の確立が必要です。

 

「オフィス宅ふぁいる便+情報漏えい対策パック」で情報漏えい対策と業務を両立

物理的な接続での持ち出しとインターネットを介した持ち出しをそれぞれ確保
・SKYSEAでUSB可搬媒体の接続を遮断
・Webフィルタリングソフトでファイル転送サイトへのアクセスを遮断

それにより業務上必要なファイルの受渡までブロックされるので各ソフトに対応する受渡手段を確保
・SKYSEAへの対応は、指紋認証付きUSBメモリを用意し、導入時に使用許可設定を実施
・Webフィルタリングへの対応は、情報漏えい抑止機能が充実した「オフィス宅ふぁいる便」を用意
 

 

「オフィス宅ふぁいる便+情報漏えい対策パック」基本構成

セキュリティ対策製品単品ではカバーしきれない範囲を補い合い、さらに業務に必要な情報受渡の手段を確保します。

 

製品 役割 数量
SKYSEA Client View パソコンへの不正規機器接続の検知、遮断 100クライアントライセンス
1サーバーライセンス
Webフィルタリング
ソフト
ファイル転送サイト等へのアクセスを遮断するWebフィルタリングソフト 100ライセンス
オフィス宅ふぁいる便 企業内で許可した宛先に大容量ファイルを送信。「いつ、どこに、だれが、何を」送信したか記録 Webフィルタリングでの禁止対象外とする。 100ユーザーライセンス
認証設定USBメモリ やむを得ず媒体で持ち出す必要のある場合用に、SKYSEAにあらかじめ登録設定し、機器識別、指紋認証+暗号化対策をしたもの 10個


この情報漏えい対策パックはそれぞれをお客様が独自に調達されることも可能ですが、 導入・設定に関してはどうでしょうか?
USBメモリの設定一つをとっても結構面倒なもので、全体を調整しながらの導入は負荷もコストも 大きくなりかねません。
オージス総研はこのパックを一体のものとして責任を持って導入・設定させていただきます。

※それぞれの製品に該当するものをすでに導入されている場合、また数量がご希望に合わないなどの場合も個別に相談に応じます。お問い合わせください。

 

悪意のないうっかりミスによる情報漏えいにも配慮

情報漏えい対策パックの主目的は悪意のある情報漏えいの最低限の抑止ですが、 情報漏えいの多くは悪意のないもの うっかりミスによるものです。 本パックで確保する受渡手段ではそういったうっかりミスにも配慮しています。
・USB可搬媒体の紛失・・・・指紋認証タイプUSBで紛失時の漏えいを防止
・ファイルの送信先間違い・・「オフィス宅ふぁいる便」は相手が開封する前であれば取り消し可能

うっかりミスはどこでも起きうることです。情報漏えい対策は社員の意識を高めることも重要です。
オージス総研では自社の社員向けに教育や訓練を行っており、そのノウハウを活かした「情報漏えい対策トレーニングパック(仮称)」 のご提供を準備中です。
 

お問い合わせ

お問い合わせ

詳細資料などもあります。お気軽にお問い合わせください。



ページトップへ戻る