ビジネス変化に適応し、
企業システム全体を
最適化する

企業の情報システムは、
市場ニーズや競争激化などのビジネス環境の変化に、
継続的かつ迅速に適応する必要があります。
オージス総研は、
企業の多岐にわたる業務を支える情報システムの肥大化や
連携のスパゲティ化を避け、適切に管理するために、
システム連携基盤の整備を支援します。

システム連携基盤整備の課題

  • システム追加の都度、個別対応を続けてきたため、
    全体が俯瞰できない
  • システムの連携が複雑で、高度な要件の実現に
    手間やコストがかかる
  • 全社のシステム連携基盤を一気に整備・移行することは、
    現実的でない
  • 新しいニーズへの対応が完了する前に、
    さらに次のニーズが生まれ、イタチごっこになっている
  • 技術、製品のライフサイクルが短く、
    構築半ばで陳腐化する
  • スマートデバイスの進化が早すぎて
    対応が追い付かない

ソリューションの特長

SOAに基づく
システム連携基盤を構築

全社のシステム連携をモデリングし、システム間の依存関係の可視化します。これにより、個別最適に陥らず全体最適が目指せ、ビジネス変化に柔軟かつ迅速に対応可能な基盤が実現できます。また、既存システムを有効活用し、社内に分散しているデータ資産を有機的に連携することを可能にします。

企業システムの
適応性と迅速性を実現

アジャイル手法に基づき、最初はスモールスタートで、徐々にシステムを成長させるアプローチを提案します。これにより投資対効果の高い漸近的なシステムの成長が目指せます。全体最適化へのロードマップを分解し、少しずつ進めることで、状況変化に即応できる迅速性のある課題解決を進めることができます。

大規模、複雑、
高度な連携に対応

これまでのシステム連携基盤構築の経験・知見から、処理タイミングの異なるシステムをつなげる必要がある、24時間365日無停止で稼働する必要がある、など高いサービスレベルを満たす基盤の構築を支援します。オージス総研は、ESBやEAIなど適切な連携製品を活用することで、様々なシステムの柔軟な接続を実現します。

システム連携実現のユースケース

クラウド連携

クラウド連携

情報システムのクラウド移行や、SaaSと社内基幹システムとの安全で確実なデータ連携を実現します。
クラウド連携

メインフレーム連携

レガシーマイグレーション、レガシー資産の活用により、メインフレームを含む貴社の情報システムの全体最適を実現します。
クラウド連携

SOA導入

ビジネスゴールと情報システムの整合を確保し、ビジネス変化に情報システムを迅速に対応させるSOA(Service-Oriented Architecture)の導入を支援します。

システム連携を支える製品

Anypoint Platform (Mule ESB)

Mule ESBをランタイムエンジンとするAnypoint Platformは、オンプレミスとの接続だけでなく、クラウドとの接続、モバイルやデバイスの接続まで、幅広い接続性を持つ連携基盤です。

DataSpider

企業内外に散在するシステムを柔軟かつ簡単に連携し、スピーディーなデータ活用や精度の高いデータ収集を実現できるデータ連携ソフトウェアです。

HULFT

企業活動において発生する売上データや顧客情報、ログデータなど、ITシステムに蓄積されたデータの送受信を安全・安心、確実に行うファイル転送ミドルウェアです。

ページトップへ戻る