themistruct
ID管理システム
アクセス管理ソリューション
システム監視ソリューション
システム監視ソリューション
危機管理対策支援システム構築サービス

災害対策の地理情報システムを
低コストで構築します

この危機管理対策支援システムが選ばれる3つのポイント


1.他に類をみない低価格

OSSを多用する事でシステム導入時のコストを大幅に削減しております。
過去事例では、初期構築費:4割減、運用保守費:6割源のコスト削減を達成しました。

2.市町村行政にベストマッチ

市町村の行政組織を考え、被害分類等を考えております。
また、随所に市町村行政を意識して機能設計しておりますので、直ぐにご利用できると思います。

3.震災の経験を活かした工夫

直感的な操作で直ぐに利用でき、マニュアルレスで操作する事が可能です。
GIS機能も含め非常に高速に動作致します。
主に帳票はEXCEL形式で出力されるため利便性が良い。

災害対応へのGIS(地理情報システム)活用ニーズ

地震や豪雨などの災害に対する対応を迅速・的確に行うため、自治体や企業では、GIS(地理情報システム)を 活用したいというニーズが高まっています。地図上に被害情報や対策活動を一元管理・共有できるシステムは、 復旧対策の決定に大いに役立ちます。

しかしながら、従来のGISは高価で、活用は一部のユーザーに限られていました。

オープンソースソフトウェアを活用し、安価で迅速なシステム構築サービスを提供


このような状況に対して、オージス総研は
 培ってきたオープンソースソフトウェアの技術力
 豊中市様に納入した「危機管理対策支援システム」のノウハウ
を活かして、安価で迅速なシステム構築サービスを提供いたします。

危機管理対策支援システム構築サービスの特長

地図上に、被害情報・災害対策活動などを表示し、迅速な意思決定を支援。

避難所など各種情報の管理機能。 その他ご要望に応じて構築可能。

豊中市様システムの画面

*本システムの地図データに関しては、Orkney 地図データプレミアム (http://www.orkney.co.jp/fordeveloper/mapdata/premium.html)を利用してい ます。

OSSを活用して費用を低減

私たちの地図活用システムの技術は、
公共の埋設ガス管地図等、長年の実績があります オージス総研は公益のために
地理情報システム活用をサポート致します

次ページ「サービス特長」へ
『危機管理対策支援システム構築サービス』のより詳しい仕様に関しては
弊社の「個人情報の取り扱いについて」に同意の上、下記よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせの時点で「個人情報の取り扱いについて」に同意していただいたものとします。
 関連コンサルティング

ページトップへ戻る