システムへの不正侵入を防ぎたい

ランサムウェアを使った詐欺や恐喝

近頃よく耳にするようになったランサムウェアですが、このウィルスに感染すると、パソコンのハードディスクが暗号化されたりファイルが読めなくなったりするとともに、「元に戻してほしければお金を払え」と身代金を要求するという巧妙かつ悪質な攻撃です。
これまでは個人ユーザを狙う攻撃と考えられていましたが、法人ユーザにも被害が拡大している今、組織ではどのように対策すれば良いのでしょうか。

この課題を解決するソリューション

  • マルウェアの防止/検知

    マルウェア感染を防いだり、マルウェアに感染してしまったりした場合の不審な通信を検知し早期対策を行うことができます。

    SPAM対応 マルウェア駆除 マルウェア検知サービス
  • 危険なWebページをブロック

    不審なサイトへのアクセスを制限することで、マルウェア感染を防ぎます。

    フィッシング対応/URLフィルタリング
  • PCのセキュリティパッチ最新化

    セキュリティパッチの配布・管理を適切に行うことで、最新パッチを適用し、ソフトウェアやWebブラウザを脆弱性に対応した安全な状態に保ちます。

    セキュリティパッチ対応
  • 標的型メール攻撃の疑似体験

    標的型メール攻撃を疑似体験することで、不審メールへの対応方法を身につけることができます。

    標的型メール訓練サービス

ページトップへ戻る