情報漏えいを防ぎたい

内部不正による情報漏えい

人事評価や職場環境の不満などが要因で、従業員が重要データを持ち出し、社外に売り飛ばす等の事件が増加しています。
内部不正による情報漏えいは、重要情報への正当なアクセス権を持つ者による犯行が多いため、人のモラルに頼ることとなり、情報持出等の流出をなくすことは困難です。
どういったアプローチをすれば良いのでしょうか。

この課題を解決するソリューション

  • データ持出制限

    社内データを持ち出すことができるデバイスを制御することで、不正なデータ持出を防ぎます。

    デバイス管理
  • ログのアクセス解析

    ネットワークに接続する機器のログから、被害状況や影響範囲の調査などを効果的に実施できます。

    ログ管理

ページトップへ戻る