Mule SAP コネクタ

Mule ESBを利用したSAPシステム連携ソリューション

Anypoint Platform(Mule ESB)のSAPシステム接続用モジュール「SAP Java Connector (SAP JCo)」を利用して、SAPシステムと既存システムとの連携、さらにはSAPシステムを含めたSOA(サービス指向アーキテクチャ)基盤を構築することが可能となります。

Mule SAP コネクタ 特長

SAP認定を受けた標準インターフェイスでのシステム連携

「Mule SAP コネクタ」はSAPインテグレーション認定センタによって認定された製品です。SAPシステム標準で用意されたインターフェイスである、BAPIやIDOCを利用することでSAPシステム側の開発なしにシステム連携が可能となります。またSAP標準インターフェイスを利用する為、システム間連携の品質向上も実現できます。

追加開発プログラムの削減

SAPシステムと外部システムとの連携の構築は、新規導入の際や、アップグレードの際に開発工数を増大させる大きな要因となります。Mule SAP コネクタを使用し、SAP標準のインターフェイスを最大限利用することで、開発工数の削減を実現します。

SAPパートナーでもある弊社ならではのサポート

SAP パートナーとして多くのSAP導入実績を持つ弊社が、SAPシステムを含むシステム連携の最適なご提案、ご支援をさせていただきます。

ページトップへ戻る

Mule SAP コネクタ 機能

SAP標準インターフェイスを利用した連携

Mule SAP コネクタが提供する機能として以下の機能があります。
 o MuleからSAPシステム上のBAPI(RFC)を実行
 o SAPシステムからMule上のロジックをRFC経由で実行
 o IDocの送受信


SAPシステムとMule ESB間の接続方式

SAPシステム連携用に用意されたトランスフォーマー

XML形式からSAPシステムへの入力データ形式への変換、およびSAPシステムからの出力データをXMLへ変換するトランスフォーマーが提供されています。

ページトップへ戻る

Mule SAP コネクタ 基本情報

Mule SAP コネクタが使用可能な Mule ESB

Mule SAP コネクタの使用にはMule ESB Enterprise Editionが必要です。
(Mule ESB コミュニティ版では使用できません)

ページトップへ戻る

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です