Salesforce×GRANDIT 連携ソリューション(もちDash)

Salesforce × GRANDIT がビジネスを加速する

Salesforce と GRANDIT とをシームレスに連携するデータ連携ソリューションです。
モバイル性、ユーザビリティに秀でた Salesforce と、機能性と拡張性を備えた完全Web-ERP GRANDIT の『いいとこどり』がビジネスの機動力を高めます。

Salesforce×GRANDIT 連携ソリューション(もちDash) 特長

GRANDITにクラウドの機動力をプラスし、[現場力] [組織営業力] [管理力]の3つの「力」のUPを実現します

概念図


Salesforce と GRANDIT とをシームレスに連携するデータ連携ソリューションです。
モバイル性、ユーザビリティに秀でた Salesforce と、機能性と拡張性を備えた完全Web-ERP GRANDIT の『いいとこどり』がビジネスの機動力を高めます。

 

製品コンセプト
1.顧客情報を現場へ[持ち出す]ことで、現場力をUP。

2.基幹業務を現場へ[持ち出す]ことで、組織営業力をUP。
3.現場の生きた情報をダッシュボードへ[持ち出す]ことで、管理力をUP。

Salesforce×GRANDIT 連携ソリューションで実現する3つの「力」とは・・・

1.[現場力UP] 〜 顧客情報を現場へ[持ち出す] 〜

1.[現場力UP] 〜 顧客情報を現場へ[持ち出す] 〜


●お客様の情報をセキュアに持ち歩くことができます
お客様先への訪問前に取引情報や商談の経緯等の確認が行える為、安心して商談へ臨めます

 

●お客様との商談時にその場で即答できます
GRANDITに蓄積している商品の在庫情報や価格を連携している為、お客様からの納期や、見積金額の問いかけに対して、その場で正確な情報をお応えできます

 

●自社に帰社する事無く、外出先から業務を行えます
訪問結果の報告や日報、見積作成の事務作業を外出先から行える為、空いた時間を有効活用できます

2.[組織営業力] 〜 基幹業務を現場へ[持ち出す] 〜

2.[組織営業力] 〜 基幹業務を現場へ[持ち出す] 〜


●見積業務や受注業務を現場で完結でき、入力した情報は即座にGRANDITへ自動反映されます。

 

●引合いから受注に至る一連のプロセスを綿密にパイプライン管理することで、営業プロセスの見える化を実現します。

見える化の実現により、営業責任者や営業担当者はスピーディーに次のアクションに移ることができ、顧客の状況にフィットしたタイムリーな提案が商談化率・提案化率・見積効率・成約率のUPに寄与します。

3.[管理力] 〜 現場の生きた情報をダッシュボードへ[持ち出す] 〜

3.[管理力] 〜 現場の生きた情報をダッシュボードへ[持ち出す] 〜

 

●マネジメントの質を向上します
引合いから売上に至る一連の情報を様々な切り口でモニタリングできます。経営層やマネジメント層はビジュアル化されたダッシュボードにて「売上/受注見込」「ステージ停滞商談」「新規/既存顧客分析」等の生きた情報に触れることで、緻密で高精度な情報をタイムリーにキャッチでき、的確な経営判断や状況に応じた部下への指示・進言を可能とします。業績目標の達成・顧客満足の向上へと繋げるための手助けボードであり、企業価値や事業価値を持続的に創造するために必要不可欠なツールとなるでしょう。

 

●2重メンテ・2重入力を解消します
従来、SalesforceとGRANDITで個々に管理していた「取引先」「商品」といった各種マスタや個々に入力していた見積情報や受注情報は相互連携機能によりシームレスに接続されます。マスタメンテナンス作業や内勤担当者のデータ入力作業を単一メンテ・単一入力へとシンプル化でき、入力ミスや事務コスト削減に貢献することで業務統制レベルを向上させます。

ページトップへ戻る

Salesforce×GRANDIT 連携ソリューション(もちDash) 機能

主な機能

連携機能
見積情報連携機能 Salesforceにて登録した見積情報をGRANDIT側に自動で連携します
個々の見積情報について、連携するタイミングを任意で設定可能です
在庫情報連携機能 GRANDIT側で日々管理している在庫情報をSalesforce側に連携します
マスタ情報連携機能 商品や取引先、得意先等のマスタをGRANDITからSalesforceへ自動で連携します
モバイル端末からの照会・登録機能
見積情報登録・照会機能 見積情報の登録、照会が行えます。GRANDIT側への連携指示も可能です
商品情報照会機能 商品の型番や標準価格、キャンペーン価格等の情報を照会できます
在庫情報照会機能 GRANDIT側で日々変化している倉庫毎、商品毎の在庫情報を照会できます

動作環境・対応バージョン

動作環境・対応バージョン
GRANDIT対応バージョン V2.Xシリーズ
Salesforce対応バージョン 34
Java対応バージョン 8以降
対応ブラウザ・モバイル端末 Salesforce、GRANDITの各バージョンに準拠

 

※「もちDash」は、現在商標登録出願中です。

ページトップへ戻る

Salesforce×GRANDIT 連携ソリューション(もちDash)製品サポート

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です