標的型メール訓練は次のステージへ「標的型メール訓練Next」

標的型メール攻撃に対していくら防御を試みても、巧妙化した標的型メールの開封や不正なファイルの実行を完全に無くすことは困難とされています。もし誰かが開封してしまった場合、初動対応が遅れてしまうと情報漏洩に至ります。 「標的型メール訓練Next」は、標的型メールの開封を前提とした次の施策として、組織的な初動対応力の強化を図ります。

「個人の訓練」から「組織的な初動対応」を迅速化する 標的型メール訓練Next

標的型メールが着弾したら、迅速な初動対応ができますか?

標的型攻撃で、直接攻撃を受けるのはメールを受け取る一般の社員です。攻撃を受けたことに気付かない、不審なメールを開いても報告してこない…これでは、今日の巧妙化した標的型攻撃に対し組織的に対処することは困難です。攻撃への対応が遅くなればなる程攻撃に晒されている時間が長くなり、重要情報の漏えいなどの被害が拡大しやすくなります。

 

 

 

 

 

サービスの特長

標的型メール訓練は主に開封率を低減させるという点で効果的です。「標的型メール訓練Next」ではその次の施策として、攻撃を受けたことを迅速に把握できるようにすることで、組織的な初動対応に繋げることができ、被害を極小化することが可能になります。

 

 

 

 

 

 

訓練の期待できる効果

従来の訓練による”開封率の低減”に加え、相乗効果で”現場からの報告力向上”を図り、組織的な初動対応の迅速化を後押しします。その結果、誰かが標的型攻撃メールを開封してしまったとしても、情報漏洩に至る前に攻撃プロセスを断ち切ることができるようになります。

 

 

 

ページトップへ戻る

標的型メール訓練のネクストステージ

従来の訓練からステップアップ

従来の訓練をより実践的に行う「標的型メール訓練Next」では、開封者に対する教育のみならず、訓練対象者全体にエスカレーションの重要性を含めた教育の提供を可能にします。

      

    

 

 

セキュリティレベルに応じた訓練メニュー

開封したか否かに加え、不審なメールの着信に気付いたか、不審なメールを開封してしまったことをきちんとエスカレーションしたかをモニタリングします。また、訓練期間中は、訓練であることを伏せることで、メールの開封・未開封に関わらず、エスカレーションポリシーが有効的に機能するかなど、訓練対象者の行動をより実践的にモニタリングできます。

 

課題の見える訓練レポート

訓練対象者に対し訓練中の行動を判定・評価し、訓練後のアンケートによって個人の行動パターンを詳細に収集できるようになります。また、訓練終了後には、開封率に加え、訓練対象者からのエスカレーションの有無、アンケート回答内容などの結果を分析し、トータルリスクレポートとして提供させていただきます。 

 

      

 

 

 

 

まずはここから!従来の標的型メール訓練サービス 

標的型メール攻撃対策のファーストステップとして、従業員の教育やトレーニングが重要になります。”標的型メール訓練サービス”は、標的型メール攻撃を疑似的に体験することで、なりすましメール等の不審なメールに対する警戒感を高めるとともに、セキュリティ意識を向上することができます。

 

 

 

 

お電話でのお問合せ先はこちら

 --------------------------------------------------------------------------------

問合せ先:06−6584−0027 (標的型メール訓練サービス担当)

--------------------------------------------------------------------------------

ページトップへ戻る

関連製品・ソリューション

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です