Mule ESB

企業システム連携、クラウド連携を実現

豊富なコネクタ群を持つMule ESBを企業システムの基盤に据えることで、多彩なクラウドサービスや社内システムの連携が迅速かつ容易に実現できます。

お客様事例

◎業務プロセスの中核をなすSAPとその周辺システムの双方向連携を99.98%の可用性で実現

お客様の声:

「Mule ESBを連携基盤の中核に採用することにより、計画停止を除く24時間365日稼働を実現することができました。Mule導入後、計画停止を除いたシステムの稼働率は99.98%へ向上し、1回のインシデントによるシステム停止時間は80%削減しました。」

評価ポイント:

■ 個別要件に合わせて、機能と連携ロジックを開発できること

■ 開発ツールが使い易いこと(開発者の確保が容易)

■ SAPシステムへの接続性が高いこと

■ 可用性と信頼性が高いこと

SAPとその周辺システム(約100システム、1100インタフェース)の双方向連携を3か月で実現した事例詳細は、こちら

◎フロント・バックオフィスシステム間の情報連携基盤の中核として、多数の連携を効率的に管理

お客様の声:

「Mule ESBは、高い信頼性と拡張性に加えて、オープンソースであること、規模に応じた価格体系であることが当社のビジネスニーズに合致しました。」

評価ポイント:

■ 初期費用なしの規模に応じた課金体系であり、環境の変化にあわせてコストをコントロールできる

■ 情報連携基盤として、ビジネス環境の変化に迅速に対応できる拡張性と柔軟性

■ すべての連携をMule ESBに集約することで、連携を一元的に管理することが可能

ミッションクリティカルなシステムを、高いパフォーマンスと信頼性で構築した事例詳細は、こちら

 

ページトップへ戻る

特長

◎軽量で、どこにでもデプロイ可能な連携基盤

Mule ESBは、JVM上で単体稼働可能なアプリケーションコンテナであり、クラウド上での大量のトランザクションをサポートするスケーラビリティを持ちつつ、開発者のラップトップ上で実行できるほど軽量です。

「オンプレミスのシステム連携の基盤として」「クラウドとオンプレミスをハイブリッドで活用するため」「APIゲートウェイとして」など様々な連携のシーンで適用が可能です。

◎リアルタイム、バッチ、どちらにも対応

イベントの統合、オーケストレーションがリアルタイムで可能です。DataWeaveによるデータ統合フレームワークで、複雑なデータ構造でも簡単にクエリー、マッピングができます。

また、アプリケーションやデータソースとの間で数百万のレコードのバッチ処理も実現できます。

◎あらゆる接続をサポート

RESTまたはSOAPのAPIとの接続をはじめ、さまざまなプロトコル、フォーマットを柔軟に吸収するAnypointコネクタ、MuleSoft認定コネクタのライブラリがすでに用意されています。

独自のコネクタが必要な場合は、Anypoint Connector DevKitを使うことで、Mule ESBの内部知識なしでもコネクタが開発可能です。

※ Anypoint Connector DevKitには、以下のような機能があります。

 □ 簡単に新しいコネクタプロジェクトが生成できるような新しいAnypointコネクタウィザード

 □ プロジェクトナビゲーションを向上させるアウトラインビュー

 □ 素早くコネクタ開発をするための新しいコードテンプレート

 □ DevKitエラーのハイライト

ページトップへ戻る

機能

様々なシステムを連携させるミドルウェアとしての多彩な機能(プロトコル変換、データ変換、ルーティング、フィルタリング、エラーハンドリング)


Mule ESBの機能詳細は、こちら

バージョン3.7の新機能は、こちら



■ Mule ESBは、オープンソースながらも品質保証ときめ細やかなサポートメニューを備えたEnterprise版を用意しており、ミッションクリティカルな用途に対応可能です。オージス総研は、大阪ガス様やその他企業様のクリティカル性の高いシステムの連携基盤をMule ESBで構築すると共に、ご安心頂ける開発支援を提供しています。



ページトップへ戻る

導入事例

  • 株式会社大和総研様
    ミャンマー証券市場を支えるミッションクリティカルなシステムを、高いパフォーマンスと信頼性で構築
  • 宇部興産株式会社様
    Mule ESBの拡張性を活かし100システム1100インタフェースの連携を3ヶ月で構築。可用性99.98%を実現
  • その他事例一覧
    大阪ガス様、フュージョンコミュニケーションズ様などクラウド基盤・SOA基盤に関する事例をご紹介

関連製品・ソリューション

関連コンサルティング

特集ページ

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です