アジャイル開発センター テクノロジーイノベーション

  アジャイル開発手法のソフトウェア開発の現場への適用を推進するために、この度「アジャイル開発センター」という組織を新たに発足致しました。「アジャイル開発センター」は、従来より開発方法論とプロジェクトの測定分析技術に関する研究を行ってきた「ソフトウェア工学センター」のメンバーと研究内容を引き継ぎ、それを「独自のアジャイル開発手法“OGIS Scalable Agile Method(以降OSAMと略す)” の開発とソフトウェア開発の現場への適用」を中心にして再構成する形で活動を展開します。
アジャイル開発センター長 藤井 拓

アジャイル開発センターのミッション

● OSAMにより、小規模から大規模まで対応できるアジャイル開発の実現を目指します
● アジャイル開発プロジェクトを測定することにより、お客様と開発者が開発の進め方やスコープを
  合理的に判断できるように支援します

アジャイル開発センターの取り組み

● 開発手法の適用支援と改良

 OSAMで開発を行うことを支援するとともに、開発の実践の中でのOSAMを改良していきます。

開発手法の適用支援と改良

また、従来から行っているソフトウェア工学センターの以下の取り組みも継続しています。

  • ソフトウェア開発を効率化したり、成果物の品質を向上させるためのモデリングやテスティング手法の調査及び実践を行っています
  • 海外のモデリング手法、開発方法論、測定手法に関する情報を翻訳し、日本に紹介しています
● プロジェクトの測定
  • 機能規模測定手法COSMIC法を用いて、ウォーターフォール開発、統一プロセス、アジャイル開発までの様々な開発プロセス(方法論)を適用したプロジェクトの開発生産性を測定し、開発生産性や品質を改善するために有効な開発プラクティスや技術を見出す

アジャイル開発に関する研究成果

2006年度以降の主な研究成果

報告/刊行年度

研究分野

実績

2010年度

プロジェクトの測定/分析

プロジェクト間の生産性を求め、そのバラつき予要因の分析結果をSPES 2010, SPI Japan 2010, SES 2010のワークショップ等で報告

2009年度

アジャイル開発

米国品質協会の雑誌Software Quality Professionalにアジャイル開発における設計品質の論文[1]が掲載されました
  • Fujii, T. and Tsuruharaya, M.: A Case Study on Different Design Strategies in Agile Software Development, Software Quality Professional vol.11, Sept. 2009

プロジェクトの測定/分析

プロジェクト内の画面生産性を求め、そのバラつきの原因を分析し、SPI Japan 2009、SES 2009のワークショップで報告

要求の開発と管理の手法の紹介

Ellen Gottesdienerさんの要求の開発と管理に関する著書である”The Software Requirements-Memory Jogger (GOAL/QPC, 2005) ”を翻訳し、『実践ソフトウェア要求ハンドブック, (翔泳社, 2009)』として刊行

2008年度

アジャイル開発

米国で開催された第4回World Congress for Software Qualityでアジャイル開発における設計品質について発表し、ベストペーパー賞を受賞
  • Fujii, T. and Tsuruharaya, M.: Design Quality with Different Design Strategies in Agile Software Development, 4th World Congress for Software Quality, 2008

プロジェクトの測定/分析

COSMICにより進行中のプロジェクトの測定を行い、SPI Japan 2008等で報告

機能規模測定手法COSMIC法のガイドラインの翻訳

機能規模測定手法COSMIC法 ver2.2を用いたビジネスアプリの規模測定のガイドラインである”GUIDELINE FOR SIZING BUSINESS APPLICATION SOFTWARE USING COSMIC-FFP”を翻訳した

2007年度

責務駆動設計の紹介

オージス総研の若手技術者たちとともに、責務駆動設計の提案者であるRebecca Wirfs-Brockさんらの著書”Object Design - Roles, Responsibilities and Collaborations (Addison-Wesley, 2002)を翻訳し、『オブジェクトデザイン - ロール, 責務, コラボレーションによる設計技法( 翔泳社, 2007)』として刊行

アジャイル開発の解説を執筆

ソフトウェアエンジニアリング講座1ソフトウェア工学の基礎(日経BP、2007)の「開発プロセス」の章を執筆

2006年度

エンタープライズ統一プロセスの紹介

ITライフサイクルをカバーするように統一プロセスを拡張したエンタープライズ統一プロセスを説明するScott Amblerさんらの著書”The Enterprise Unified Process - Extending Rational Unified Process (Prentice Hall, 2005)”を翻訳し、『エンタープライズ統一プロセス - IT業務の全体最適化のためのプロセスフレームワーク( 翔泳社, 2006)』として刊行

補足

●機能規模測定手法COSMIC法
  • ISOおよびJIS標準である機能規模測定手法の1つ。システムの境界と永続記憶との間でやりとりされるデータの種類を数えることで機能規模を測定する手法。測定マニュアルやガイドラインが無償で提供されています。
機能規模測定手法COSMIC法
 
アジャイル開発特集」へ進む

ページトップへ戻る