宗平 順己(むねひらとしみ)客員コンサルタント

 京都大学理学部大学院中退後、日本電気株式会社セールスエンジニアを経て、1986年にオージス総研に入社し、ITコンサルタントとして行政、民間両方の広範囲かつ多数のITコンサルティング業務に従事。1996年からはコンサルティング部長として、市場開拓にも従事。
 2004年からソフトウェア工学センター長に就任し、技術開発マネジメントプロセスを確立しつつ、学会活動・出版活動を強化し、グローバルに通用するITマネジメント手法を調査研究し自社標準を策定。現場適用を通じて成熟度を高めている。2008年に執行役員技術部長となり、2014年3月まで取締役執行役員技術部長。2014年4月より株式会社ロックオン特別顧問商流プラットフォーム事業本部長。
 主にIT投資マネジメント、IT統制、ビジネスモデリング、BPM、SOA、EA、BSC、MESに関する研究活動を行いながら、ITコンサルタントの実戦指導に従事する。BSCとEA、BPMについては、日本でもトップエキスパートの一人であり、欧米を中心に海外からの情報収集も積極的に行っており、年に2〜3回単独で海外出張している。ビジネスモデリング、SOAの技術開発は中国オフショアを活用しており、オフショア開発についてのマネジメントの知見も深い。
 企業情報システムについてのユーザサイド、ベンダー両方の深くかつ広範囲な知識/知見を認められて、2010年よりJISA(情報サービス産業協会)の白書部会長に就任。
 ロックオン入社後はEC受託開発部門の立て直しを行うとともに、サービスデザインをEC開発の現場に持ち込み、自らもコンサルティング活動を行い、新しいコンセプトのECシステムの開発指導も行っている。
 2008年より同志社大学大学院ビジネス研究科、2009年より関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科(こちらは英語のみ)にて社会人大学院生向けに企業情報システムについての講義も行っている。

■資格
  • ITコーディネータ、公認システム監査人、ITコーディネータインストラクター、IT-CMF Tier2
■所属学会
  • 経営情報学会」「ビジネスモデル学会」「社会情報学会」「生産管理学会」「日本情報経営学会」「日本原価計算研究学会」
■著書
1.「かんたんエンタープライズ・アーキテクチャ」共著(翔泳社、2004年)
2.「百年アーキテクチャ」共著(日経BP社、2010年)
3.「ビジネスモデル設計のためのUML活用」共著(毎日コミュニケーションズ、2006年)
4.「実践 J-SOX対応-内部統制システム構築入門-」共著(翔泳社、2007年)
5.「情報システムの分析と調達」(日科技連出版社、2008年)
■主な主担当コンサルティング案件
<企業>
  • 情報子会社の改革コンサルティング(人材、組織、各種技術標準、戦略・企画・開発・運用プロセス改革)
  • EA(Enterprise Architect)育成コンサルティング
  • BIG Data利活用のための組織改革コンサルティング
  • IT統制全般
  • ECで繊維業CEを実現するデザインファクトリーシステムの構築
  • 広告代理店における戦略的情報化計画
  • 製造業へのPDM、SFAの導入コンサルティング
  • 化学工業における全社システム再構築コンサルティング
  • コンピュータ・マネキン開発
  • 保守サービス業の戦略システム導入
<行政、地域>
  • 地方自治体の情報化ビジョン、情報化推進計画 多数
  • 大学、図書館、防災情報センター、行政、公共iDC等のシステムの要求仕様書作成 多数
  • 地域振興計画の作成 多数
■学会活動・社会活動
  • 経営情報学会前理事、同関西支部長
  • ビジネスモデル学会運営委員
  • 社会情報学会評議員
  • NPO法人ITコーディネータ京都 副会長
  • 1998年度 JISA行政情報化委員会情報化投資評価部会 部会長
  • 2001年度、2002年度 JISA白書委員会 副委員長
  • 2005年度、2006年度 JIPDEC IT投資マネジメント委員会主査
  • 2010年度から JISA白書部会 部会長
  • 2000年度、2001年度ITSSPコーディネータ(和歌山地区)
  • 2002年度から 経済産業省某IT関連事業審査委員会委員
  • 2001年度 堺市情報システムセキュリティ懇話会 委員
  • 2005年度から 堺市ITアドバイザー
■論文 学会発表は年平均5本
  • ビジネスモデル設計とUML表記に関する研究、ビジネスモデル学会誌Vol.3、森雅俊, 2005. 7
  • THE NEW BUSINESS MODEL DESIGNING METHOD TO IMPLEMENT THE STRATEGY IN THE TO-BE BUSINESS MODEL, The 11th Annual International Conference on Industrial Engineering Theory, Applications & Practice, 2006.10
  • 戦略と整合したTo-Beモデル設計のための新ビジネスモデル設計手法の提案、経営情報学会誌,Vol.15 No.3, 2006.12
  • ビジネスプロセスモデリングのための詳細プロセスリファレンスの構築、日本生産管理学会論文誌, 2008. 6
  • マス・カスタマイゼーションとリーンシックスシグマのBPOサービスへの適用、日本生産管理学会論文誌Vol.16,No.2
  • 製造業におけるグローバルパフォーマンス管理のためのKPIモデルに関する研究、日本生産管理学会論文誌Vol.18,No.1
  • A study for refining a business modeling method for SOA and SaaS designing, APCIM2009
  • A study on a generic development process for the BPM+SOA design and implementation, ICBPM2011, WASET2011
  • CONTROL MECHANISM FOR SOCIAL BUSINESS PROCESS MANAGEMENT, APCIM2012(Best Paper Award)
  • 製造業のビジネスモデルとグローバルITガバナンス、日本生産管理学会論文誌Vol.19,No.2
■研究レポート
  • 行政情報化投資評価のガイドライン、社)情報サービス産業協会、櫻井通晴先生との共同研究,1999.3
  • バランスト・スコアカード活用による情報化投資評価の研究、社)情報サービス産業協会、櫻井通晴先生との共同研究,2000.3
  • バランスト・スコアカードによる戦略的経営の実践に関する調査研究、社)情報サービス産業協会、櫻井通晴先生との共同研究,2002.3
  • IT投資マネジメントのフレームワークに関する調査報告書、財)日本情報処理開発協会、WG主査として執筆および監修,2006.3

ページトップへ戻る