クラウドインテグレーション テクノロジーイノベーション

Facebook: オージス総研 クラウドインテグレーションのページ

次々と公開される安価で多機能なパブリッククラウドサービス、企業グ ループのITリソースの効率活用を推進するプライベートクラウド、これからの企業システムはこれらを組み合わせたハイブリッド型に発展します。
クラウド技術を活用することによって、将来にわたって継続的に進化し、変化に柔軟に対応し続ける企業システム基盤を構築すること。この実現を目指して、クラウドインテグレーションサービス部では、これからの企業システムを支えるサービスの開発を進めています。

大場克哉プロフィール
No.1クラウドインテグレータを目指して:私たちの取り組み

ビジネスへの貢献のため、クラウドと企業内を連携するサービス基盤の実現。

私たちは、クラウドのメリットを最大限に活用し、企業内に配置されたシステムと組み合わせることで既存資産の価値も最大化しながら、将来にわたって継続的に進化し続けることが可能なシステム基盤を整備することが重要だと考えます。

情報システムのビジネス環境の変化への適応性や安全性を高めるために海外の先進事例の調査、標準技術の適用を進め、お客様に向けた具体的なソリューションを提供することを目的に活動を展開しています。

主な技術開発テーマ

  • クラウドと社内システムを連携するためのサービス基盤の構築
  • Anypoint Platform(Mule ESB)による企業システム連携パターンの実現
  • 高負荷に耐えるスケーラブルなアーキテクチャの検証・構築
  • 大規模環境を効率よく運用する為の自動化・省力化技術の実現
  • SOAの全体像を把握しながら、スモールステップで実現していくための開発プロセス

主な提供サービス・製品

Mule ESBをはじめとする企業システム連携のための製品販売・開発支援
オンプレミスを中心としたリソース、サービスを組み合わせて企業システムを構築するための最先端の連携基盤製品を、高品質な開発支援とともに提供しています。
企業向けクラウド連携サービス群:Cloud Arch (R)
これからのビジネスに必須となるクラウドサービス連携のハードルを下げ、且つ、新たなビジネスプロセスを実現可能にするクラウドサービス群を提供していきます。現在、第一弾として企業のWeb API公開を支援する Cloud Arch for API を発表。「Data簡単API化サービス」の無償トライアルを提供中です。
EC向けクラウド間連携サービス:FUSION iPaaS
フュージョン・コミュニケーションズ株式会社と共同で提供中のEC向け連携プラットフォームです。楽天市場の店舗運営システム「RMS」のAPIと楽天市場出店企業様の自社システムを安全かつ柔軟に連携するサービスを提供しています。
システムインテグレーション、コンサルティングサービス
上記の製品・サービスを企業システムに適用するためのプロフェッショナルサービスの提供を行っております。ビジネスを加速するための情報システムの実現に必要なシステム連携・クラウド連携を中心に、連携基盤構築、Web API公開、モバイル活用等のシステム企画、アーキテクチャ策定、設計、開発と幅広いコンサルティングサービス、SIサービスを提供しています。
これまでの歩み
2001年 米 OGIS Internationalにおいて、SOA関連の技術調査を開始
2005年 技術部において、SOAの日本への適用検討を本格開始
2007年 「仕事の流れで理解する 実践!SOAモデリング」出版
2007年 米 MuleSource社(現MuleSoft社)と代理店契約。日本およびアジア地域において、Mule ESBの販売・サポートを開始
2009年 SOAに関する技術開発の専任部隊として、技術部SOAセンター発足
2010年 SOAセンターをクラウドインテグレーションセンターに改組。クラウド連携に関する技術開発を強化
2011年 Facebookにて、クラウドインテグレーションとMule ESBに関連する情報を発信開始
2012年 フュージョン・コミュニケーションズ様と共同でEC向けのクラウドサービス間の連携機能を提供するインテグレーションPaaSとしては国内初となる「FUSION iPaaS」を提供開始
2013年 サービス事業本部クラウドインテグレーションサービス部発足。クラウド連携に関する事業化を本格開始
2014年 モバイルESBソリューション 発表
2014年 API公開・運用クラウドサービス「Cloud Arch (R) for API」発表
2015年 「APIでビジネスを変える」をコンセプトに「Data簡単API化サービス」の無償トライアル公開を開始
オージス総研の提案する「システム連携ソリューション」へ進む

ページトップへ戻る