Webマガジン
「IFRSとXBRLの広がりについて」
株式会社オージス総研

2011年04月号
  • 「IFRSとXBRLの広がりについて」
株式会社オージス総研   竹政 昭利

 IFRSの特にAccounting(会計)の側面とXBRLの関係については、2011年2月号において、説明しました。
 ちなみに、2011年IFRSタクソノミ確定版が公表されたようです。

 開示のときに使用されるXBRL-FRについては、既にEDINET、TDnetをはじめ広く普及をしています。また企業内部の情報を表現するXBRL-GLについても、普及しているとは言えませんが、可能性を感じさせるものです。
 さらに、財務の数値データだけでなく、注記などもXBRLを利用する動きがあります。
 ところで、IFRSは、日本においては国際会計基準と一般的に訳され、Accounting(会計)の基準の側面が強調されがちですが、実はIFRS(International Financial Reporting Standard)をそのまま訳すると、国際財務報告基準となります。Accounting(会計)ではなく、Financial(ファイナンシャル)と言っています。
 名前からわかるように、IFRSを広義で捉えると、Accounting(会計)だけにとどまらず、Finance(ファイナンス)でもあると言えます。さらに、ERM (enterprise risk management)や内部統制などGovernance(ガバナンス)領域とも密接に関わっております。
 このようにIFRSはAccounting(会計)、Finance(ファイナンス)、Governance(ガバナンス)の領域にまたがるものですが、面白いことに、XBRLについても、この3つの領域にまたがって、利用が進んでいます。
 それでは、Accounting(会計)以外のFinance(ファイナンス)とGovernance(ガバナンス)の領域におけるXBRLの利用について見ていきます。

○Finance(ファイナンス)領域におけるXBRL利用
 米国において、コーポレートアクションのXBRL化が進んでいます。
 コーポレートアクションは、株式の配当や増資、会社合併、会社消滅、株式分割等、「企業活動」の中で特に株主に向けた活動を言います。
 コーポレートアクションの業務、システムの中心は、信託銀行(カストディ)と証券会社であり、ここでは、ISO15022、ISO20022などの標準化やシステム化が行われてきています。(日本は欧米に比較して遅れていますが。)
 しかし、欧米においても株式を発行する企業の部分については標準化、システム化が進んでおらず、ここにXBRLを利用することが検討されています。
 また、公示地価やCO2排出権取引のXBRL化についても検討されています。土地など固定資産の評価については、IFRSのFinance(ファイナンス)としての側面と関係してきます。

○Governance(ガバナンス) 領域におけるXBRL利用
 この分野でもXBRLは色々なところで利用されはじめており、ERM(Enterprise Risk Management)タクソノミや、内部統制タクソノミなども開発されています。
 さらに、OCEG(The Open Compliance & Ethics Group)のGRCなどにもXBRL利用がされています。GRCは企業のガバナンス(Governance),リスク(Risk),コンプライアンス(Compliance)を一元管理していく概念です。
 そして、WICI(World Intellectual Capital Initiative)では、自動車、電子機器、製薬など業種別のKPI (key performance indicator)の研究をしており、XBRLタクソノミについても開発をしています。

○まとめ
 このように、広義のIFRSの領域に、XBRLの利用も広がってきています。XBRLは、まだ完成した技術ではありませんが、データ自体に意味を持たせることが可能であり、他に類を見ない有用性があります。その意味で、XBRL-FRなど、開示の部分の限定された利用だけでなく、ファイナンスやガバナンス、GRC、リスク管理などの分野において、IFRSをきっかけに、システムを検討すると共に、XBRLの導入なども考えていくのが良いのではないでしょうか?

*本Webマガジンの内容は執筆者個人の見解に基づいており、株式会社オージス総研およびさくら情報システム株式会社、株式会社宇部情報システムのいずれの見解を示すものでもありません。

竹政 昭利  記事一覧



2011年04月号のコンテンツ



『Webマガジン』に関しては 弊社の「個人情報の取り扱いについて」に同意の上、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る