クラウド連携ソリューション

ハイブリッドクラウド・SaaS活用に求められる安全で確実なデータ連携を設計・構築します。

顧客接点に近いシステムの構築には、ビジネスの激しい変化に対応するためにクラウド活用が不可欠になっています。一方、顧客情報をはじめとした重要情報はオンプレミスに設置された既存システムで管理されていることが多く、これらのシステムをつなぐデータ連携の重要性はこれまで以上に高まっています。 オージス総研は、「クラウド連携ソリューション」により、企業システムのクラウド移行や、SaaSと社内基幹システムとの安全で確実なデータ連携を実現します。

クラウド連携ソリューションが解決する課題・適用シーン

シーン

課題

既存システムからAWSなどIaaS/PaaS上に構築したシステムにマスタデータを取り込む

高度なセキュリティ、バッチジョブ、データの欠損

クラウドに蓄積したセンサーデータを、社内業務アプリで分析する

多頻度アクセス、大量データ

Salesforceなど業務SaaSの活用規模を拡大する

連携数・データ量の増加、運用・管理コストの増大

クラウド導入・利用拡大(全社展開)

全体最適化、運用の省力化


このように、クラウドとオンプレミス間でのデータ連携は、企業活動を支えるために確実性、迅速性、拡張性など高度な要件を満たす必要があります。

オージス総研は、変化に柔軟に対応する「アーキテクチャ設計の知見と実績」、クラウド環境を効率よく「運用・管理する自動化・省力化技術」等と、要件に応じた「連携製品」を組み合わせることにより、ハイブリッドクラウド環境でのデータ連携における課題を解決します。

ページトップへ戻る

クラウド連携ソリューションの特長

確実性、安全性 - 企業の重要情報を守り、欠如なく届ける

クラウド連携のデータが一部欠損や攻撃によって漏洩する危険性がある場合、情報システムの停止や情報漏洩による企業のブランドイメージの失墜など、経営に大きな影響を与えます。ハイブリッドクラウド環境では安全、確実にデータ連携を行うことが重要になります。

連携全体のセキュリティを考慮したシステムデザインと安全、確実なデータ連携のための製品活用により、クラウドとオンプレミス間における経路を含めた連携の安全性を確保します。

生産性、迅速性 - 変化するビジネスニーズに素早く対応する開発を実現

豊富なアダプタを持ち、様々なクラウドサービスと簡単に接続できる連携製品の活用や、ソフトウェア部品の共通化などにより、短いサイクルで生産性の高いデータ連携開発を実現します。

拡張性・効率性 - 連携数やデータ量の増加に耐えうる柔軟な基盤を実現。運用・管理を省力化

クラウド連携は一時的なものではなくクラウドの利用拡大に伴い必要性が増していきます。クラウドの利用が増えると連携数やデータ量が増え、連携基盤への負荷や運用・管理のコストが大きくなっていきます。

連携の一元管理、高信頼性連携基盤の構築などの豊富な実績・知見をもとに、障害に強く拡張性の高い基盤を実現します。また、変化に対応できるアーキテクチャ設計や自動化、省力化技術により、データ連携の運用・管理を効率化します。

ページトップへ戻る

クラウド連携ソリューションの概要

1. クラウド、連携の実績に基づいた信頼のシステムデザイン

企業システムのクラウド移行やSaaSと社内基幹システムとの連携など、お客さまの状況、環境に応じて、データ連携の要件の調査から運用・管理までの設計を行います。

  • 調査:クラウドのインターフェイス、既存システムの連携方式
  • 評価:パフォーマンス、セキュリティ
  • 設計:インフラなど動作環境、バッチジョブのスケジューリング、連携基盤設計


2. 要件に合わせ、最適な連携製品を活用する連携基盤構築

  • 安全・安心、確実なファイル転送ミドルウェア「HULFT
  • 様々なクラウドサービスと簡単につなぐことができるデータ連携EAIツール「DataSpider
  • エンタープライズサービスバスであるMule ESBをコアとした「Anypoint Platform

などの「連携製品」を適材適所に活用し、クラウド連携基盤を構築します。


■ オージス総研がこれまで積み重ねてきたシステム連携基盤構築の実績・経験と、クラウドサービスをすばやく簡単に活用するためのアダプタを持つ連携製品を組み合わせ、ハイブリッドクラウド環境での安全で確実なデータ連携の実現を支援します。

ページトップへ戻る

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です