業務プロセス可視化サービス

世界標準のモデル化(可視化)言語のUMLを使って、お客様の業務プロセスを「見える化」するサービスです。

企業全体をとらえたトップダウンのサービス・「EAコンサルティング」に対し、「業務プロセス可視化サービス」は、特定の部門をターゲットにしたボトムアップのサービスです。まずは試しに、自分のまわりの業務を可視化したいなど、スモールスタートをお考えの方はこちらのサービスをお勧めします。

業務プロセス可視化サービス 特長

こんなお悩みありませんか?

  • 属人化された業務を見えるようにしたい。
  • システム化要求を業務の視点から抽出したい。
  • 継続的な業務改善をしていきたい。
  • 業務マニュアルを整備したい。

導入メリット

  • 属人化された業務を標準化でき、組織的に業務ノウハウを蓄積できるベースを作成できます。
  • 業務プロセスモデルからシステム化要求をスムーズに抽出でき、機能の必要性が明確になります。
  • UMLを使用することによって、より多くの人が理解しやすい業務マニュアルを整備できます。

ソリューション概要

UMLで業務プロセスを可視化すると、より多くの人々とコミュニケーションが可能になる上、「見える化」された業務プロセスモデルから、スムーズに情報システムが開発できるようになります。
そして、オージス総研の「業務プロセス可視化サービス」の最大の目的は、お客様が自力で業務改善を継続的に行なえるようになることです。
導入にあたっては、実際に手を動かしていただき、それをレビューするという実践的なメンターリングアプローチをとっています。この手法では、まず研修を受けていただきます。そして、実習とレビューを単位としたセッションを繰り返し、モデルを完成していきます。
また、当サービスは、UMLを使用して業務プロセスを可視化するだけでなく、その結果に基づいた業務分析・設計、業務改善効果測定、システム化要求分析まで含めます。ご予算に合わせて段階的に導入することができますので、ぜひ、ご相談ください。

ページトップへ戻る

業務プロセス可視化サービス 導入の流れ

業務プロセス可視化サービス おすすめポイント

標準モデル化言語・UMLによって、業務プロセスを可視化します。

UMLで業務プロセスを可視化することによって、より多くの人々とコミュニケーションが可能になるだけでなく、可視化された業務プロセスモデルからスムーズに情報システムが開発できるようになります。

メンターリングアプローチにより、お客様が自力で継続できます。

お客様に実際に手を動かしていただき、それをレビューするという実践的なメンターリングアプローチを採用しています。サービス終了後も、お客様が自力で業務改善を継続できるようになります。

段階的にサービスを導入することが可能です。

業務プロセスの可視化だけでなく、業務分析・設計、業務改善効果測定、システム化要求分析までのサービスを、ご予算に合わせて段階的に導入することができます。また、システム要求分析後の開発の部分も実施可能です(オプション)。

ページトップへ戻る

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です