オブジェクト指向開発

オブジェクト指向開発は当社の提唱する、モデルベース開発の起源、根幹をなすものです。

オブジェクト指向開発では、「オブジェクト(もの、こと)」を中心に据えたモデルを使い開発を進めます。これは人に近く、人が理解しやすいシステムの開発手法と言えます。この手法を採用することで、自然に、保守性、再利用性が向上し、品質の高いシステムの構築が可能になります。

オブジェクト指向開発 特長

こんなお悩みありませんか?

  • システムに対する要求を的確に把握できていない。
  • ビジネスの急速な変化に、システムの変更が追いつかない。
  • 協力会社、オフショア会社との連携がうまくいかない。
  • 開発期間が短い。
  • システムの大規模化、複雑化で中身が分からない。

導入メリット

  • システムに対する要求モデルを、エンドユーザーと開発者で共有し、意識のギャップをなくす。
  • 目先の変更に影響を受けにくい。
  • 世界統一のモデリング言語UMLによる相互理解。
  • 再利用性の向上。
  • 対象(ソフトウェアなど)の内部が見える。

ソリューション概要


従来型のシステム開発では、システム中心の視点で分析・設計を行なっていました。そのため、分析・設計書がシステム寄りになり、エンドユーザーが理解しやすいとはいえませんでした。
それに対してオブジェクト指向開発は、要求仕様、分析・設計から実装、テストまで一貫してUMLを中心としたモデルを用いて開発を行ないます。いままでブラックボックスとなりがちだったシステム内部の「見える化」が実現します。
エンドユーザーと分析者、設計者、実装者、テスターなど開発に携わるすべての人が同じモデルを見ることで、認識ギャップをなくすことができます。これにより、保守性、信頼性が大きく向上します。
また、オブジェクト指向開発は、反復型の開発に適用しやすい手法です。反復型開発では、リスクの高い機能を早めに実現しておくことにより、リスクを最小限に抑えて開発を進めることができます。
現在のシステム開発の開発環境、ツール、フレームワークの多くはオブジェクト指向の考え方に基づいて開発されており、これらを使用することで、効率性と共に再利用を高め、生産性の向上にも貢献します。

ページトップへ戻る

オブジェクト指向開発 おすすめポイント

あらゆる分野でサービスを提供してきた実績があります。

当社では従来からオブジェクト指向開発に着目し、金融・製造・・流通・サービス・エネルギーなど、あらゆる分野でサービスを提供してまいりました。

豊富な人材がそろっています。

当社では、オブジェクト指向開発者のレベルアップにも常時努めており、多数の技術者がUMTPの認定を受けています。

オフショアなど新たな分野にも提供可能です。

オブジェクト指向開発は、オフショア開発をはじめとした新たな形態にも適用できます。オフショア開発では、言葉の壁から誤解が生じ、意思疎通がうまくいかないことがあります。
オフショア開発の現場にオブジェクト指向開発を導入し、モデルベースでコミュニケーションを行なうことで、この壁を打ち破ることができます。

ページトップへ戻る

関連コンサルティング

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です