プロジェクト診断

お客様のプロジェクトの現状を、「プロセス」「技術」「組織」の側面から客観的に評価します。

弊社コンサルタントが「プロセス」「技術」「組織」の視点で客観的に、お客様のプロジェクトを評価します。プロジェクトの問題とその要因、そして問題の要因を解決するための施策を関係者間で共有できるため、診断後には効率的に改善活動を推進できます。

プロジェクト診断 特長

導入メリット

  • 短期間にもかかわらず、当社が抱えている問題点とその要因を明らかにしていただき、正直驚いた(お客様の声より)
  • 当事者である自分達の視点では見えていなかった問題点を指摘していただけた(お客様の声より)
  • 現場も上層部も納得できるレポートが提示され、関係者全員の改善へのベクトルを統一できた(お客様の声より)

ソリューション概要


プロジェクト診断では、経験を豊富に持つ当社コンサルタントが、お客様のプロジェクトを「プロセス」「技術」「組織」の側面から客観的に評価して、問題とその要因を特定します。さらに、その後の改善活動にスムーズに繋げられるよう、具体的な施策をロードマップの形式で複数案作成します。最終的に、「問題」とその「要因」、そして「施策」を、わかりやすく診断レポートとしてまとめ、開発に携わる全ての関係者を対象に報告します。これにより、マネジメント層と開発メンバーの意識が統一され、診断後の活動を円滑に実施しやすくなります。

 

診断サービスは、大きく3 つのステップ「現状調査」「要員分析」「施策検討」を踏んで実施します。

 

【Step1:現状調査】
プロジェクトの「あるべき姿」と「現状」のギャップを「問題」として洗い出します。
現状調査では、上図のように「プロジェクト関係者へのインタビュー」「ソースコード品質診断」「成果物診断」「開発者スキル診断」といった手段を用い、「プロセス」「技術」「組織」の3 つの側面からプロジェクトを調査します。

 

【Step2:要因分析】
「現状調査」で明らかになった「問題」と「要因」の因果関係を明らかにします。

 

【Step3:施策検討】
「要因」を解決するための施策を検討・立案・報告します。

ページトップへ戻る

プロジェクト診断 導入の流れ

プロジェクト診断 おすすめポイント

問題の「要因」への解決策を提示

顕在化している「問題=表層」ではなく、「問題の要因=本質」への施策を提示します。場当たり的な解決ではなく、継続的な改善活動が展開できます。

現場でのインタビューを重視

開発者だけでなく、マネジメント層、商品企画部門など、関係者にインタビューを行います。現場の「生の声」を拠り所として、問題点とその要因に対する仮説を立て、以後の調査・分析で検証します。現場に潜在する問題を引き出し、現場が感じている漠然とした不安の原因を明らかにしていきます。

定量・定性の両面からアプローチを実施

ソースコード品質や開発者スキルは当社基準で定量的に、ドキュメントやモデルなどは、インタビューや成果物診断を通じて定性的に調査します。

実践的な改善施策を立案

コンサルタントが診断結果に対し、現場での豊富な実績と知見を活かし、お客様と一緒に実践的な改善施策を検討し、立案します。

ページトップへ戻る

導入事例

関連製品・ソリューション

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です