JOB運用監視基盤構築サービス

ジョブ運用の自動化を実現。進捗状況が一元的に管理できるようになり、運用管理者の負荷を軽減します。

様々なプラットフォーム、様々な条件、複数の実行環境など、分散環境で稼動するジョブを統合的に管理し、スケジュール通りに稼動させるためのJOB運用監視基盤を設計・構築いたします。ネット制御によりジョブの処理時間を短縮することが可能です。

JOB運用監視基盤構築サービス 特長

JOB運用監視基盤構築サービスで解決できること

  • 大量のジョブ。人的ミスによるトラブルや処理負荷が大きい。
  • ジョブ処理時間の短縮化のため、並行して実行したい。
  • ジョブスケジュールの進捗状況を一元的に把握したい。

JOB運用監視基盤構築サービスの導入メリット

  • ジョブ運用の自動化を実現し、運用管理者の負荷を軽減します。
  • ジョブのネット制御により、処理時間を短縮いたします。
  • ジョブの進捗状況が一元的に管理できるようになります。

JOB運用監視基盤構築サービスの概要

統合運用管理として、オージス総研では多数の実績を有しております。特定の製品だけではなく、様々なメーカーの製品実装をお手伝いしてまいりましたので、要件定義から設計・実装まで幅広くご支援させていただけます。
ミッションクリティカルな特定システムのJOB運用環境や、多数のシステム間を連携する複雑なJOB運行環境の構築まで、様々なお客様のニーズにお応えすることができます。

ページトップへ戻る

JOB運用監視基盤構築サービス 機能

様々な統合運用管理製品に幅広く対応いたします

オージス総研は特定の製品だけはではなく、様々なメーカーへの製品実装経験があります。そのノウハウを活用し、要件定義から設計・実装まで幅広く対応が可能です。

条件を満たした場合だけ、ジョブを自動実行することが可能です

ジョブスケジューリング機能によって、決められた日時/開始条件を満たした場合にジョブを自動実行します。
実行日(カレンダ)/時間/順序(先行処理)/開始条件(先行ジョブ終了、開始時間、リソース状況、イベント発生)といった条件設定が可能です。

ジョブの進捗状況が一元的に管理できるようになります。

スケジュールモニタリング機能によって、ジョブの進捗状況が一元的に管理できるようになります。

あらかじめ登録されたリカバリー処理を自動実行できます。

実行されたジョブが異常終了した場合、戻ってきたリターン値をから判断して、あらかじめ登録されたリカバリー処理を自動実行することが可能です。

ページトップへ戻る

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です

  • 製品・サービスを探す
  • 注目ラインナップ
  • 課題から探す
  • 名前から探す
  • 製品・ソリューションから探す
  • 導入事例一覧