構成管理基盤構築サービス

ITリソースの構成を、迅速・正確に把握するための構成管理基盤を構築いたします。

日々、増大していくIT機器。それらの構成と配置を正確に把握する作業に対し、気づかないうちにコストをかけている場合も少なくありません。構成管理基盤構築サービスは、ITリソースから最新の構成情報を自動的に収集。機器ごとに保守契約内容や契約先が一元管理でき、維持コストや設備投資判断の把握が容易になります。

構成管理基盤構築サービス 特長

構成管理基盤構築サービスで解決できること

  • 膨大になりすぎたIT機器。その構成や配置が把握できていない。
  • ライセンス数は十分か、コンプライアンスの現状を把握したい。
  • IT機器ごとに保守契約内容が異なり、契約先もバラバラだ。
  • 現在の維持コストが把握しづらく、設備投資判断が難しい。

構成管理基盤構築サービスの導入メリット

  • 膨大な量のIT機器も、正確な構成情報を自動的に把握可能です。
  • ソフトウェアライセンスのチェックを迅速に行ないます。
  • IT機器ごとの保守契約内容や契約先が一元管理できる。
  • 維持コストの把握が容易になり、設備投資判断をご支援します。

構成管理基盤構築サービスの概要

構成管理基盤構築サービス


ITリソースから最新の構成情報(CI)を自動的に収集し、構成管理データベース(CMDB)に格納することで構成管理を実現いたします。自動収集できない情報については、Webインターフェースを使用して登録することで、ITリソースに関わる全体の構成情報を一元管理することが可能になります。
また、インシデント・変更管理・リリース管理機能とも連携できます。このため、高品質で効率の高いサービスサポート環境の実現が可能となり、ITリソースのライフサイクル全体をサポートいたします。

ページトップへ戻る

構成管理基盤構築サービス 機能

様々な統合運用管理製品に対応できます

オージス総研では特定の製品だけでなく、様々なメーカーのシステム管理製品への実装経験が豊富です。その経験とノウハウを活用し、要件定義から設計・実装まで幅広く対応が可能です。

IT資産の自動検出によって、現状を迅速に、正確に把握できます

ハードウェア資産とソフトウェア資産を自動的に検出。OS、SP、パッチの状況、個別ソフトウェアごとのライセンス数などを監視・把握できます。また、IT資産の履歴や変更もデータベースに格納され、問題発生時にはアラートでお知らせいたします。

ページトップへ戻る

関連製品・ソリューション

関連コンサルティング

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です

  • 製品・サービスを探す
  • 注目ラインナップ
  • 課題から探す
  • 名前から探す
  • 製品・ソリューションから探す
  • 導入事例一覧