EDI WebEC

電話やFAXでの煩雑な受発注業務から開放! 調達業務のTCO削減が実現可能な「WebECサービス」です。 安く、早く、簡単に御社のサプライチェーン/電子販売網構築が実現できます。

取引先にブラウザとインターネット接続PCさえあれば受発注が可能になります。 調達業務向けと販売業務向けの2種類のサービスがあります。
・WebEC for BuySite 調達業務向けWebECサービス
・WebEC for SellSite 販売業務向けWebECサービス

 

※『WebEC for BuySite』は、JEITA主催の【Web-EDI ガイドライン認定】を受けています。

EDI WebEC 特長

WebECで解決できること

  • 取引先と受発注情報を共有したい
  • 電話やFAXの受発注処理による時間・ヒューマンエラー・コストを削減したい
  • インターネットを使いEDIの取引先を拡大してコストを削減したい

WebEC導入メリット

  • 受注業務をWeb化し、効率化。お客様の購買動向に合わせた受注受付が可能です。
  • お客様とのコミュニケーション網を構築できます。
  • FAXより簡単・確実な発注作業を実現します。注文FAXの送達確認などの業務から開放されます。
  • リピートオーダー商品は画面で選択できミスをなくします。取引進捗状況が簡単に確認可能です。

WebEC

  • WebECは、受発注処理をはじめとする企業間の情報交換をWebベースで、安価、簡単に実現するためのサービスです。
  • 買い手企業とeCubeNetセンターは従来型EDIで接続。売り手企業はブラウザさえ準備すれば、ほかに特別なソフトは必要ありません。


WebEC

ページトップへ戻る

EDI WebEC 機能

受発注処理業務 受注と回答〜購買動向に合わせた操作を実現(BuySite)

WebEC


1.ブラウザ画面で注文を確認後回答画面が自動作成されます。
2.取引先からの注文データをもとに注文書を印刷することができます。
3.納品書もこれらのデータをもとに印刷でき、バーコード・出荷ラベルにも対応しています。

受発注処理業務 注文番号別状況確認(BuySite)

WebEC


1.注文番号別に取引の進行状況が確認できます。
2.納期回答データを送信したかなどもチェックでき、ケアレスミスを防止できます。

受発注処理業務 そのほかの機能(BuySite)

WebEC


1.表示項目の選択が可能です。
2.取引先ごとに、メッセージフローを指定できます。
3.受注データをPCにダウンロード可能で、CSV等のファイル形式に対応しています。
4.出荷データをアップロードすることができます。
5.商品コード等のコード体系が取引先と異なる場合、コード変換を行なうことも可能です。

ページトップへ戻る

EDI WebEC関連資料ダウンロード

関連製品・ソリューション

特集ページ

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です