RPA導入コンサルティング

RPAベンダーに依存しない中立的な立場で、導入目的や企業特性に合ったRPAの導入から開発まで支援します。

RPAとは

”働き方改革”をきっかけに、業務改善や業務効率化の手段としてRPA(Robotic Process Automation)に取り組む企業が増えています。RPAとはその言葉のとおり“ロボットによるプロセスの自動化”のことで、そのためにRPAツール(RPAソフトウェア)が用いられます。RPAが指す“プロセス”とは、それまでに人手で行っていた“作業”のことで、製品によって特色がありますが概ね次のような作業がロボットで自動化できます。

デスクトップ操作をロボットで自動化する

RPAツールのロボットができる典型的な機能で、人間がPCのデスクトップで行っているキーボード、マウス、フィールドの読み取りといった操作をRPAが行います。操作対象はウインドウズアプリケーション、Webブラウザに表示されるWebシステム、リモートデスクトップやメインフレームのエミュレータなどがあります。

 

活用例)

 

  • ・エクセルシートから項目をコピーして、受注登録画面にデータを入力する作業をロボットがしてくれます。
  • ・採用者の人事情報をエクセルシートで作成し、人事システムの社員登録画面に入力する作業をロボットがしてくれます。

ファイル操作をロボットで自動化する

ファイルを他のフォルダに移動したり、削除したりといったオペレーティングシステムに関係する操作は、RPAツールのロボットにWindowsのエクスプローラを操作させるよりも、ロボットが直接Windowsに指示するほうが簡単かつ確実に実行できます。このようなことから、ほとんどのRPAツールがファイル操作などWindowsの基本機能については直接ロボットから行えるようになっています。

 

活用例)

 

  • ・毎日、バックアップのためにファイルを特定のフォルダに置く作業をロボットが忘れずにしてくれます。
  • ・大量のファイルの移動やコピー、プログラムの更新をロボットに任せて早く帰れます。

サーバーやクラウドとロボットが直接連携して自動化する

さらに高度なRPAツールになると、メールサーバーのSMTPやPOP、クラウドサービスのREST APIなどのプロトコルをサポートしており、システム間連携が簡単かつ確実にできます。たとえばPOPやIMAPをサポートするRPAツールでは、特定のメールを着信すると自動化プロセスが開始するようなユースケースを実現しやすくなります。またREST APIをサポートするRPAの場合、これまで人手でクラウドのCRMからCSVファイルをその都度エクスポートしていたかわりに、REST APIで直接クラウドサービスから定期的にデータを受信して、ローカルのエクセルのシートへ直接反映するといったことも可能になり、効率的で信頼性も高い自動化ができるようになります。REST APIはクラウドサービスで広くサポートされていますので、人工知能(AI)やOCRといったサービスと連携することも可能です。

 

活用例)

 

  • ・メーカーから送信されてくる複数の製品情報を、ロボットがひとつのメールに取りまとめて自動的に利用者に送信してくれます。
  • ・CRMクラウドサービスから顧客ごとの案件進捗状況を、ロボットが一覧とグラフにまとめて上司に送信してくれます。
  • ・手書きの申込書をAIで識別可能なOCRに読み込ませるだけで、ロボットが会員登録してくれます。

RPA製品

弊社ではRPAベンダーに依存しない中立的な立場ですが、主なRPAツールをご紹介いたします。無料の評価版、無料オンライントレーニング(研修)、無料セミナーが用意されている製品もあります。価格体系も、定額、定額+従量課金などベンダーより異なります。(※2018年6月時点の情報)

WinActor(ウィンアクター)

国産のRPAツールです。自動化できる機能はシンプルですが、その範囲であればプログラミングスキルが比較的なくても開発ができるのが特徴です。



UiPath(ユーアイパス)

海外のRPAツールです。自動化できる機能が多彩ですが、API連携など高度な機能を使う場合は言語に関係なくプログラミング経験があるほうが望ましいです。数百台のロボットを管理コンソールで一括管理するような規模までスケーリングできるのも特徴です。



その他ベンダー

※今後追加予定

AI技術とRPAの連携

AIの認知(コグニティブ)サービスを使ってプロセスで必要な判断や識別を行うことができます。典型的な事例はAI-OCR、文章の解析、画像認識です。標準でAIのクラウドサービスと連携する機能を備えている製品もあります。逆に機械学習で必要な大量の教師データを作成するために、RPAを使うこともできます。

RPA導入の進め方

RPAが導入されるようになった背景には、先述のとおり”働き方改革”がありますが、その適用業務は「そのためにシステムを作り直す予算が無い。」「ブラックボックスでシステムを改修できない。」「そのために人手でがんばってきた」というような業務が多い傾向があります。このような業務ではメインフレームだけでなく、レガシーとなったWindowsデスクトップアプリケーションやWebシステムも含め、RPAツールのロボットがこれらのデスクトップ操作を確実に操作できるわけではありません。また逆に先進的でレスポンシブルな今どきの外部のWebサイトを参照する場合も同様です。

 

またRPAのロボットの導入が、自社の各種基準に適合した状態で企画、開発、テスト、運用ができるのかを確認しておかないと、従来のシステム開発と同じつもりでは見逃すようなセキュリティ違反、不十分なテスト環境、ロボットの乱立といったことが起きかねません。

 

このようなRPA導入のリスクに対応するために、まずPoC(Proof Of Concept:概念検証)で動作確認、自動化の迂回策の開発、基準の確認、体制作りをしてから本格導入に進めます。

支援内容

PoCから本格導入までご支援を承っております。お客様の目的・ご要望に応じて、弊社がコーチ役として御社メンバーへスキルトランスファーしながら進めることも、弊社で開発も含めてご支援することも可能です。詳しくはご相談ください。

 

以下のコンサルティングサービスを組み合わせてご提供も可能です。

 

 

※記載されている会社名や商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

お問い合わせ

お問い合わせ

コンサルティングに関するお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る