【東京開催】大阪ガス事例にみる『スマートデバイス活用のポイント!』 | 株式会社オージス総研

【東京開催】大阪ガス事例にみる『スマートデバイス活用のポイント!』セミナー

2012年10月28日

スマートデバイス管理に必要な対策最前線!

 ますます広がりをみせるスマートフォン/タブレットPC市場。

 ビジネスシーンでの利用においては、外出先からの業務システムの利用や、お客様への対応品質の向上など、様々な用途で業務の効率化が期待されています。また、BCP対策の観点でも、交通機関の混乱などで出勤できなくなった社員の業務環境という観点でも注目されています。

 しかしながら、こうした手軽なデバイスが外出先などで頻繁に利用されることになると、企業に求められるコンプライアンス/内部統制環境の強化・見直しの要件は、ち密かつ幅広いものとなります。デバイスそのものの紛失・盗難や、第三者によるなりすまし接続など情報漏洩に直結する危険性があるため、認証環境やデバイス管理への対策が非常に重要となります。
 当セミナーでは、大阪ガスのご事例を交え、企業におけるライフスタイルの変革と、それに伴って必要となるIT環境の対策などをご紹介します。

セミナー概要

■開催日
2012年11月28日(水)
■時間
14:30~17:00 (受付開始:14:00)
■会場
オージス総研 東京本社 プレゼンルーム
■主催
株式会社オージス総研
■協賛
インヴェンティット株式会社
■参加対象者
情報システム部門、経営企画部門、総務部門の方
■定員
40名
■参加費
無料
※事前登録制
 定員になり次第、締め切らせていただきます。

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
14:30-14:40 開会のご挨拶
14:40-15:40 ビジネス活用に必須となるスマートデバイスのセキュリティ対策とは?
(講演・デモセッション)

講演者:株式会社オージス総研 IT基盤ソリューション第3部 杉野 真士・濱岡 千晶


 昨今、市場では多種多様なスマートデバイスが発表される中、企業が利用することを想定した場合、各デバイス種別によって、どのような特性があるのかを考慮しておく必要があります。
 また企業システムをスマートデバイスから活用する上で、アクセス認証やデバイス管理など、セキュリティリスク対策が必須となります。
 本セッションでは、こうしたスマートデバイス活用におけるセキュリティリスク対策のポイントを、デモを交えてご紹介します。
15:40-15:50 休憩
15:50-16:40 大阪ガスにおけるスマートワークの推進とスマートデバイス活用
講演者:大阪ガス株式会社 情報通信部 鶴田 嵩


 大阪ガスでは、ITツールを活用した業務効率の向上を目指し、「スマートワークの推進」に取り組んできました。
 近年、スマートフォン、タブレット端末といったスマートデバイスの登場により、さらなる生産性・業務効率の向上、意思決定迅速化やコミュニケーション活性化が期待されていますが、大阪ガスでは、スマートデバイス向けインフラ環境の整備やアプリケーションの開発に加えて、端末紛失に備えたセキュリティ対策、端末管理環境を構築することで、スマートデバイスの本格導入を実現しました。
 本セッションでは、大阪ガスがスマートワーク推進の一環として取り組んでいる、スマートデバイスの活用についてご紹介します。
16:40-17:00 質疑応答
17:00 閉会

交通アクセス

オージス総研 東京本社 プレゼンルーム
〒108-6013
東京都港区港南2丁目15番1号 品川インターシティA棟12F

※JR「品川」駅から徒歩5分

このページのお問い合わせはこちら