「Agile Japan 2013」にて、当社のアジャイル開発事例、及びScaled Agile Framework(SAFe)をご紹介いたします | 株式会社オージス総研

「Agile Japan 2013」にて、当社のアジャイル開発事例、及びScaled Agile Framework(SAFe)をご紹介いたしますイベント

2013年05月24日

 5月24日に行われる、アジャイル開発のイベント「Agile Tokyo 2013」にて、
オージス総研のアジャイル開発事例と、当社が新たに取り組む事業戦略と開発の
方向性を揃える有望な方法であるScaled Agile Framework (SAFe)を紹介いたします。
 
 「Agile Japan2013」の詳細は、公式サイトよりご確認ください。

 公式サイトURL http://www.agilejapan.org/index.html

イベント概要

■開催日
2013年05月24日(金)
■時間
09:00~21:00
■会場
日本アイ・ビー・エム株式会社 本社セミナールーム
■主催
アジャイル ジャパン 2013実行委員会
■参加対象者
経営者や管理者、プロジェクト管理者
■参加費
有料
(通常15,000円/早割8,000円)
公式サイトよりお申し込みください。

公式サイトURL http://www.agilejapan.org/index.html

事例セッション

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
13:10-14:40 「パートナーシップ型リーンスタートアップの実践とそれを支援するフレームワークSAFe」
講演者:
株式会社オージス総研 サービス事業本部
 クラウドインテグレーションサービス部 部長 大場 克哉
フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
 サービス企画部 第2グループ サブマネージャ 岡崎 功 様
株式会社オージス総研 技術部 アジャイル開発センター センター長 藤井 拓


通信事業者とSIの2社がパートナシップを組み、クラウドサービスを共同事業化 している事例を取り上げ、パートナーになった経緯、アジャイル開発を選んだ理 由、開発上の課題とその解決策などを紹介します。さらに、この事例では事業戦 略と開発の方向性を揃える方法の必要性が提起されましたが、その解決策として 有望なScaled Agile Framework (SAFe) を紹介します。

交通アクセス

このページのお問い合わせはこちら