「スピード、品質、コンプライアンスを改善させるソフトウェア開発ガバナンス」セミナー | 株式会社オージス総研

「スピード、品質、コンプライアンスを改善させるソフトウェア開発ガバナンス」セミナーセミナー

2014年10月02日

―お客様の開発現場にかつてない安心とスピードを!―

現在のソフトウェア開発では、オープンソースソフトウェア(OSS)やクラウド上の既存サービスなど第三者が開発したコードやソフトウェアを二次利用することが多くなっています。また、開発の大規模化に伴い、開発チームが複数拠点や複数の協力会社に分散することも増えてきました。これらを背景に、開発ガバナンス-ソフトウェアの品質や脆弱性リスクを軽減するための統制-がより重要になってきました。一方、ビジネススピードに合わせた開発期間の短縮も同時に求められています。

このような現状のなか、ソフトウェア開発に携わる方々から、「ソフトウェアのリリースサイクルの短縮化とガバナンス強化を同時に対応していくのは難しい」と課題を感じておられる声をお聞きします。

本セミナーでは、この課題を解決する1ソリューションとして、事例を交えた大規模ITプロジェクトを成功させるための“構え”をお伝えするとともに、現場で使え、“スピードアップ”及び“品質担保と脆弱性リスク対策”を同時に実施できる方法として、開発プロジェクトにおける静的解析ツールとOSSライセンス&脆弱性管理ツールの適用について具体例を交えてご紹介します。

※key note 講師略歴
大手プラント企業にて国内・海外のプロジェクトを複数経験する。その後、外資系大手コンサルティング会社にて主席コンサルタント、パートナーとして業務変革プロジェクト、システム導入プロジェクトなど多くのプロジェクトを担当する。2010年イノベーションマネジメント(株)を設立し現在に至る。 MOT講師、大学講師、経済産業省委員なども歴任。専門はプロジェクトマネジメント。九州大学工学修士、大阪大学経営学博士

セミナー概要

■開催日
2014年10月02日(木)
■時間
14:30~17:00 (受付開始:14:00)
■会場
富士ソフト アキバプラザ 7階 プレゼンルーム
■主催
株式会社オージス総研(共催:コベリティジャパン株式会社)
■参加対象者
品質保証担当者、テスト担当者、セキュリティ担当者、プロジェクトマネージャ、プログラマ
■定員
50名
■参加費
無料
事前登録制

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
14:30~14:40 開会のご挨拶
講演者:株式会社オージス総研 取締役執行役員 サービス事業本部 本部長 鈴木淳三

14:40~15:10 Key Note:ITプロジェクト成功に向けた「構え」のマネジメント
講演者:イノベーションマネジメント株式会社代表取締役 芝尾 芳昭

ITプロジェクトはますます肥大化してきており、プロジェクトの難易度は大規模化とともに上がってきています。プロジェクトマネジメントの観点から見て、ITプロジェクトのマネジメントの在り方は規模とともに変えていく必要があります。
特に大規模開発になると、複数ベンダー、複数ロケーションとプロジェクト環境も複雑になりコミュニケーションと品質にかかわるリスクが急増します。 事例を交えて、大規模ITプロジェクトを成功させるための「構え」の在り方をお話しします。
15:10~15:20 休憩
15:20~16:05 CoverityとPalamidaの連携で実現するオープンソース利用ガバナンス
講演者:オージス総研 グローバルプロダクト部 吉井 雅人

ソフトウェアの高機能化と開発スピードの両立を図る上で不可欠となりつつあるオープンソースソフトウェア(OSS)。OSSを利用する上で課題となる「品質の可視化」「脆弱性の管理」「ライセンスの遵守」について、静的解析ツール“Coverity”とOSSライセンス&脆弱性管理ツール“Palamida”の連携による効果的なソリューションをご紹介します。
16:05~16:50 コードとテストの質で駆動する新しいソフトウェアサプライチェーンマネジメント
講演者: コべリティジャパン ビジネス・ディベロップメント・マネージャ 雨宮 吉秀

多くの利害関係者が関与する製品・システム開発では、客観的でかつ継続的な品質管理が必須となります。開発チームにおけるコード品質の向上を主な目的として利用されてきた静的解析技術は、現在では受入れテストを含むテストの効率的な実施を支援する技術に進化しています。このセッションでは、コードの質だけでなくテスト自体の質を客観的に捉える手法とそれを実現するソリューションについてご紹介します。
16:50~17:00 Q&A, アンケート記述
17:00~17:10 閉会

交通アクセス

このページのお問い合わせはこちら