リリース直前の手戻りを防ぐには?「開発スピードと品質の両立」実践法 | 株式会社オージス総研

リリース直前の手戻りを防ぐには?「開発スピードと品質の両立」実践法セミナー

2015年06月23日

このような課題や疑問を抱えている方へ

  • 外部委託や並行開発でも、開発スピードと品質を両立するには?
  • バグや脆弱性、未申告のOSSライセンスなどを早期に検出するには?
  • 手戻りを劇的に減らす方法とは?

ビジネス展開のスピードが収益・ブランドを左右する現在、ソフトウェア開発にも一層のスピードが求められています。しかし、いかに速く作ろうと、ソフトウェアの品質を確実に担保できなければ、社内的には「リリース直前の手戻り」という悪夢に、社外的には信頼失墜、セキュリティ/コンプライアンスリスクの増大に見舞われることになります。

では、時間、コスト、人的リソースが限られている中で、いかに開発のスピードと品質を両立すればよいのでしょうか?――その答えは「最後に品質をチェックする」のではなく、「スピーディに品質を作り込む」アプローチにあります。本セミナーでは受託開発、並行開発という、一般的でありながら品質をコントロールしにくい状況も視野に入れ、リリースサイクル加速をビジネスの加速に直結させる要件を、事例を交えて分かりやすく解説します。


下記URLからお申し込みください。

https://itmedia.smartseminar.jp/public/application/add/1061

セミナー概要

■開催日
2015年07月09日(木)
■時間
15:00~17:45 (受付開始:14:30)
■会場
ミッドランドホール 会議室A
■主催
@IT編集部
■協賛
株式会社オージス総研
■参加対象者
品質保証担当者、テスト担当者、セキュリティ担当者、プロジェクトマネージャ、プログラマ
※競合他社様の参加はご遠慮いただいております。
■定員
30名  ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
■参加費
無料
※事前登録制

下記URLからお申し込みください。

        https://itmedia.smartseminar.jp/public/application/add/1061

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
15:00~15:05 開会挨拶
15:05~15:45 @IT公開インタビュー
テスト自動化研究会と考える なぜ、現場はリリース直前でモメるのか?

インタビュイー:井芹 洋輝氏
テスト自動化研究会/@IT人気連載筆者

インタビュアー:内野 宏信
@IT編集長
15:55~16:35 スポンサーセッション
大規模ソフトウェア開発を支援する最新世代の静的解析ツールの使いどころ

講演者:株式会社オージス総研 サービス事業本部
グローバルプロダクト部 リーダー 吉井 雅人


16:45~17:45 パネルディスカッション
エキスパートたちが議論
どうすればスピードと品質を両立できるのか?

@IT編集長内野氏と講演者によるパネルディスカッションを予定

交通アクセス

ミッドランドホール 会議室A

名古屋駅 徒歩5分

地下鉄名古屋駅 徒歩1分

名鉄名古屋駅・近鉄名古屋駅 徒歩3分

このページのお問い合わせはこちら