チームレベルを超えてアジャイル開発をスケールするSAFe紹介セミナー【6/4東京】セミナー

2019年06月04日

SAFe(Scaled Agile Framework)は、日本でも近年普及しつつあるスクラムというアジャイル開発のフレームワークを以下の二方向でスケールし、より価値の高いプロダクトをより短い市場への投入時間で開発するためのフレームワークです。

  • プロダクトの企画の審査
  • 戦略的な狙いを複数のアジャイル開発チームの連携で実現

本セミナーでは、SAFeの全体像をまず説明するとともに、SAFeの最小構成であるエッセンシャルSAFeの原則の説明や議論を通じて複数のアジャイル開発チームが連携する際の重要なポイントを理解することを目指します。さらに、SAFeの導入事例を通じてSAFe導入の進め方を理解することを目指します。

※本セミナーは、2018年度に開催した同名のセミナーの内容を一部変更してご提供するものです。


関連ページ

セミナー概要

■開催日
2019年06月04日(火)
■時間
13:30~16:55 (受付開始:13:00)
■会場
オージス総研東京本社 セミナールーム/住友不動産大崎ガーデンタワー20階

〒141-0033 東京都品川区西品川1丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー20階 TEL:03-6712-1201
※オフィスビル入館の際にIDが必要となります。参加お申込みの方には入館に必要な情報を開催日前にメールでご連絡します。

■主催
株式会社オージス総研
■参加対象者
チームレベルを超えてスクラムというアジャイル開発のフレームワークをスケールされている(もしくはされたい)方
■定員
24 名
■参加費
無料

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
13:30~14:20 SAFe の概要紹介
SAFe のポートフォリオレベル、プログラムレベルを中心に、プロダクトの企画の審査や企画の複数チームによる実現の概要を説明します。
14:20~14:50 エッセンシャル SAFe の基本要素
チームレベルとプログラムレベルの2レベルで構成されるエッセンシャル SAFeの基本要素(イベント、成果物、役割)などを概説します。
15:00~16:10 エッセンシャル SAFe の概要と現状評価
エッセンシャル SAFe の原則を説明し、それらの原則を用いて自組織でのアジャイル開発の実践の現状を評価します。
16:10~16:40 SAFe 事例紹介
SAFe の導入事例として、主として Intel 社様での導入事例を紹介します。
16:40~16:55 全体質疑応答

交通アクセス

このページのお問い合わせはこちら お申し込みはこちら