RESEARCH & CONSULTING

新価値創造(新規事業開発)

未来展望の創出

新価値創造(新規事業開発)とはすなわち、今までにはない価値軸を創り出すこと。
オージス総研は、大阪ガス行動観察研究所 の提唱する「foresight creation 」の方法論を基に、新価値創造を支援します。

新たな価値創出に向けてのアプローチ

ビジネスにおける新たな挑戦を成功に導くには、新たな仮説、新たな価値を生み出すことが重要となります。
私たちは、それまで常識とされてきた枠組みを、新しい視点・発送で前向きに作り直すこと(リフレーム)で、
新たな仮説、新たな価値を生み出します。

Fact ファクト

多様な「事実」を
収集する

詳しく知る

Insight インサイト

事実を結合し、
「本質的な仮説」を導く

詳しく知る

Foresight フォーサイト

新たな仮説を基に
「未来の展望」を描く

詳しく知る

Mindset グロース・マインドセット

失敗から学びを得る「心の姿勢」

詳しく知る

対象となる主な業界・業種

ソリューション例

  • 機会領域探索

    市場や生活者をマクロ・ミクロの両面から、また現在・未来の視点で分析・洞察することで、新たなビジネスチャンスが期待できる新価値創造の領域を導きだします。

  • ターゲット層の理解

    新規事業のターゲット層に対して各種リサーチを行います。
    ターゲットのボリュームや意識・行動の定量的な把握、
    ”個”を深く掘り下げて得られる価値観や
    インサイトなど様々な側面から、
    ターゲット層についての理解を深めます。

  • 事業コンセプトの開発・評価

    リサーチによって導いたインサイトを基に提供すべき新価値を検討し、事業コンセプトの開発を支援いたします。さらに、開発した事業コンセプトについてリサーチし、受容性を評価いたします。

プロジェクトイメージ

“ワーキングマザーを支援する
新ビジネスの策定”

プロジェクトのゴール

ワーキングマザーの潜在的な課題やニーズに応えた、これまでにない生活サービスを、
自社の強みを生かした新ビジネスとして策定する。

01

スタートワークゴールの明確化・共有

  • お客さまが保有する情報や新ビジネスにかける思いのインプット
  • 現状とありたい姿、またそのギャップとなる課題の明確化・共有
  • 上記をもとにした当プロジェクトの位置づけ、ゴールの明確化・共有
02

リサーチエスノグラフィ

  • 調査対象者のリクルート

    • どのような方を対象者として設定するかがプロジェクト成否の大きなポイントになります。
  • ターゲットの生活・行動実態の詳細把握

    • エスノグラフィ調査にて、言語情報、非言語情報ともに網羅的に情報を収集。
    • 可能な限り動画を撮影
03

定量分析・定性分析事実・気づきの整理

  • フィールドワークで得られた情報、
    気づきをまとめた「プロファイルシート」を対象者ごとに作成。

    プロファイルシートイメージ

    プロファイルシートイメージ

    プロファイルシートイメージ

    プロファイルシートイメージ

04

インサイトワークインサイトを導出

  • 対象者情報の共有

    • 撮影動画、プロファイルシートをもとにプロジェクトメンバーで共有
  • 解釈

    • 対象者理解の上で得られる気づきをもとにインサイトを導出
05

アイデアワーク提供価値の策定

  • ユーザーに対する提供価値の策定

    • 得られたインサイトとクライアントの強みや方針、意思を踏まえて策定
      • 複数のインサイトのうちどこに着目するかがポイントになります。
      • 「どうしたい」という意思が大切です。
06

デザインワークビジネスモデルの策定

  • ビジネスモデルキャンバスなどのフレームワークを用いたビジネスモデルの策定

関連ページ

ソリューション一覧