APIアーキテクチャ設計ワークショップ Web技術コース

Web API の公開に必要なベストプラクティスを講義と演習で学習します。知識の習得だけでなく、仮想のWeb API開発プロジェクトのアーキテクチャを議論する演習を通じて、実践的に考えるプロセスが学べます。

Web APIのアーキテクチャ設計は、Webアプリケーションのアーキテクチャ設計をベースに考えることができますが、異なる部分もあり、Web APIならではの特徴に留意する必要があります。


例えば、Web API固有の課題として、以下のようなものがあります。

  • 既存のシステム、データのWeb API化
  • API利用者にとって使いやすいインターフェースの設計(REST)
  • 三者間の認証、認可の実現方法
  • 管理下にない多種、多数のクライアントへの対応
また、企業内のWebアプリケーションと違い、
  • インターネットとの接続
  • 突発的に増えるトラフィック
  • 頻繁にリリースを繰り返し、進化し続けるシステム
といった観点での設計が重要となります。


本ワークショップは2日間で、こうしたWeb APIのアーキテクチャならではの設計項目を中心にWeb APIアーキテクチャ設計の基礎知識を網羅的に学び、演習によって設計の思考プロセスを実践的に深めていただくコースです。

対象

  • プロダクトマネジャー
  • アーキテクト
  • 開発者

達成目標

  • Web APIのアーキテクチャ設計に必要な基礎知識とプロセスを理解し、API公開プロジェクトの設計・開発を担当できる

前提条件

  • エンタープライズWebアプリケーションで使用されている技術(HTTP、RDB、MQなど)の知識があり議論できる

内容


  1. 講義
    APIに必要な知識を座学形式で学びます。


    • Web APIアーキテクチャ設計の基礎知識
      APIのアーキテクチャをシステムレベルから、REST APIのインターフェース設計レベルまで網羅的に学ぶ。
    • Web API公開に必要な機能
      APIプラットフォーム製品の機能を題材とし、より具体的なAPI公開に必要な機能を学ぶ。



  2. 演習
    仮想のWeb API開発プロジェクトのアーキテクチャを設計し、その内容について議論を行い、実践的な考え方、技術を身につけます。


講義と演習の配分

講義4:演習6

開催概要

■主催
株式会社オージス総研
■会場/日程

東京/品川インターシティ(弊社東京本社)

■コース
標準コース 2日間(14時間) 、講義のみコース 1日間(7時間)
■受講料
ご相談ください
■受講料のお支払いについて
【法人のお客様】
コース終了後に申込み者様宛てに請求書をお送りしますので、請求書に記載されている期日までに当社指定口座にお振込みください。(請求翌月末現金払い)
【個人のお客様】
個人で申込みいただいた場合は、受講料金を事前に当社指定口座にお振込みいただきます。
詳細につきましては、開催確定後にお送りしますメールでご案内差し上げます。
■マシン使用
なし
■オープン/オンサイト
オンサイト

このページのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング