COSMIC法による規模測定とCoBRA法による見積り入門 | 株式会社オージス総研

COSMIC法による規模測定とCoBRA法による見積り入門 アジャイルコース

プロジェクトの見積り、生産性や品質の改善、定量的な視点での振り返りなどの場で必要となるソフトウェアの規模を測定するCOSMIC法と、測定した規模を基にCoBRA法を使って工数を見積る方法を習得します。

プロジェクトの以下のような場面で客観的なデータの必要性を感じられたことはないでしょうか。

  • プロジェクトの見積り
  • プロジェクトの生産性や品質の改善
  • プロジェクトの振り返り
プロジェクトを定量化することで、客観的な見積り、生産性や品質改善の効果の把握、定量的な視点での振り返りが可能になります。


プロジェクトを定量化するとき、ソフトウェアの規模をどのように測定するかが課題となります。そこで、本トレーニングでは、COSMIC法を用いた測定方法を学習します。


COSMIC法はソフトウェアの機能規模を測定する手法で、要求に基づいて規模を測定します。測定方法が比較的シンプルで一般に公開されているのが特徴で、ISO、JIS標準として採用されています。


また、客観的な見積りをするために、 見積り手法CoBRA法を使って客観的にプロジェクトを見積る方法を学習します。CoBRA法は、ドイツのフラウンフォーファー研究機構が開発したソフトウェア開発の見積りモデルを構築する手法です。少数の実績データと熟練者の経験値を元に見積りモデルを構築し、構築した見積りモデルを使って工数見積りを行います。


本トレーニングでCOSMIC法とCoBRA法を習得することで、ソフトウェアの規模をCOSMIC法で測定し、それをインプットとしてCoBRA見積りモデルを用いることで、透明性が高く再現性のある工数を見積ることが可能になります。


対象

  • システム開発プロジェクトの見積りをする方
  • プロジェクトマネジャーまたはプロジェクトリーダー
  • プロジェクトの定量化に興味のある方

達成目標

  • ソフトウェアの規模をCOSMIC法で測定できる
  • CoBRA法による見積りモデル構築を理解する

受講者の声

COSMIC法による規模の測定には有用性を感じた。
規模測定は実際に使ってみたいと思います。
演習を通して疑問点が明らかになった。
規模を測ることによってプロジェクトの指標が立てやすくなると感じた。
CoBRA見積りモデルについて、プロジェクトの適性に合ったものが構築できればメリットがあると思います。

前提条件

  • なし

内容

  • 1. COSMIC法の基本
    COSMIC法の基本概念と測定手順を学習する。
    演習 : サンプル題材の規模測定
  • 2. COSMIC概算法
    COSMIC法で規模を簡易に測定する概算法を学習する。
  • 3. CoBRA法の基本
    CoBRA法の概要と工数見積りの手順、CoBRA見積りモデルの構築方法を学習する。
    演習 : CoBRA見積りモデルでの工数見積り
  • 4. COSMIC法とCoBRA法の適用事例

講義と演習の配分

講義7:演習3

開催概要

■主催
株式会社オージス総研
■会場/日程
ご相談ください
■コース
1日コース
■受講料
ご相談ください
■受講料のお支払いについて
【法人のお客様】
コース終了後に申込み者様宛てに請求書をお送りしますので、請求書に記載されている期日までに当社指定口座にお振込みください。(請求翌月末現金払い)
【個人のお客様】
個人で申込みいただいた場合は、受講料金を事前に当社指定口座にお振込みいただきます。
詳細につきましては、開催確定後にお送りしますメールでご案内差し上げます。
■マシン使用
あり
■オープン/オンサイト
オンサイト

このページのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

研修・トレーニング