BICC組織化コンサルティング | 株式会社オージス総研
「データ利活用」を成功に導く

BICC組織化コンサルティング

概要 データ利活用 プラットフォーム 継続的利用 事例 講演資料

ソリューションの概要

企業を取り巻く環境は、激しい変化とスピードを増しています。私たちはそれらの変化を感知し、俊敏に対応していくことが求められています。そのためには、企業の特定部署で対応していくのではなく、ユーザによる自発的なデータ利活用を促進し、「組織全体」として俊敏に対応をしていく必要があります。BICC組織化コンサルティングサービスでは「データマネジメントの視点」と「データ利活用促進の視点」からデータを有効に活用するための仕組み作り、定着化をご支援します。

サービス概要イメージ

ソリューションの概要

このようなお悩みはありませんか?

データマネジメントの視点

  • 必要なデータを見つけられない。必要なデータの検索に多くの時間がかかる。
  • データが一貫しない。データが不正確。
  • データが頻繁に誤って解釈される。部門間のデータ共有が進まない。
  • データのプライバシーとセキュリティにどう対応すればよいか。

データ利活用促進の視点

  • ユーザの利用状況が把握できていない。(利用ユーザー数、利用頻度、使い方など)
  • 分析結果にばらつきがある。
  • ユーザの基盤利用が伸びない。
  • 必要なデータを見つけられない。必要なデータの検索に多くの時間がかかる。

オージス総研では、上記のような課題を解決するためのソリューションをご提供します。

課題解決の方向性

1.データマネジメントの視点
  • 整理されたデータの意味、メタデータ管理、容易な検索により、利用したいデータを簡単に見つけられる(データを探す時間を減らす)仕組みづくりをします。
2.データ利活用促進の視点
  • 整備されたデータ活用基盤と適切なサービスにより、データを利用したいと思ったときに始められる(敷居を下げる)仕組みづくりをします。
3.データマネジメント&データ利活用促進の視点
  • 「データを利用したいと思ったとき」から 「分析結果を活用するまで」のトータルなユーザ支援(困ったときに相談できるところがある)ができる仕組みづくりをします。

ソリューションの特長

利用したいデータを簡単に見つけられる

データマネジメント強化により、正しいデータ認識、効率的なデータ利活用が期待できます。

データマネジメント強化

データマネジメント強化

思ったときに始められる、相談できる

的を絞ったユーザサポートサービスの実現により、組織的な分析力の向上が期待できます。

的を絞ったユーザサポートサービス

的を絞ったユーザサポートサービス

主なソリューション内容

弊社方法論に基づき、データを有効に活用するための仕組み作りおよび定着化をご支援します。
調査工程の例を以下に記述します。

調査工程の例

調査工程の例

実経験に裏付けられた知見・ノウハウを最大限に活用します

データの利活用は、他の取り組みに比べ、「定着化」と「運用」が特に重要となります。

他社との比較

他社との比較

オージス総研は大阪ガス様とともに、BICC組織化・定着化に取組む中で、様々な知見・ノウハウを蓄積しています。他社への支援ではなく、自らが当事者になって蓄積した知見・ノウハウを活用し、お客様の具体的な課題に対しアプローチいたします。

ページトップへ戻る

お問い合わせ

お問い合わせ

ビッグデータに関するお問い合わせはこちら