メタデータ管理コンサルティング | 株式会社オージス総研
「データ利活用」を成功に導く

メタデータ管理コンサルティング

概要 データ利活用 プラットフォーム 継続的利用 事例 講演資料

ソリューションの概要

ナレッジワーカーは自分の勤務時間の最大30パーセントをデータの検索に費やしていると言われています。また、必要なデータが得られないことも40~50%程度あると言われています。メタデータ管理強化により、正しいデータ認識、効率的なデータ利活用が期待できます。オージス総研の「メタデータ管理コンサルティング」では、実経験に裏付けられた知見・ノウハウを最大限に活用し、データを有効に活用するための仕組み作り、定着化をご支援します。

サービス概要イメージ

ソリューションの概要

このようなお悩みはありませんか?

  • メタデータが何の役に立つか把握できていない。
  • 蓄積したデータの中から、自分がほしい情報を効率的に探すことができない。
  • メタデータの品質がよくない。
  • メタデータの利用が伸びていない。収集率が上がらない。

イメージが掴みにくいメタデータですが、適材適所で活用することで、漢方薬のように全体にじわじわと効いてきます。

課題解決の方向性

1.なぜメタデータが有用か?
  • メタデータに対する理解を深めるためのガイダンスにて詳しくご説明させていただきます。
2.どうすれば効率的にデータを探すことができるか?
  • メタデータは多くの種類があります。お客様の目的や課題に基づき、適切なメタデータを選択し、現実的な仕掛けや運用に落とし込んでいきます。
3.メタデータの品質を上げるには?
  • メタデータ収集プロセスのルール化、業務とシステムの言葉の紐付け、データ辞書の定義などを継続的に行います。
4.継続利用と活用率をあげるには?
  • 開発標準などでルール化し、BICCにて統制を行うなど、組織として継続的に実施する必要があります。

※BICC:Business Intelligence Competency Center =データ分析をトータルにサポートする仕組み、専門組織

ソリューションの特長

メタデータ活用シーン

下記は一例です。実際には、お客様の状況に合わせてカスタマイズしていく流れとなります。

メタデータ活用シーン

メタデータ活用シーン

主なソリューション内容

弊社方法論に基づき、データを有効に活用するための仕組み作りおよび定着化をご支援します。
調査工程の例を以下に記述します。

調査工程の例

調査工程の例

実経験に裏付けられた知見・ノウハウを最大限に活用します

メタデータは多くの種類があります。そもそも入手しにくいものや整理しにくいものもあります。
例えば、以下のようなメタデータがあります。

ビジネスメタデータの一般例
・ビジネスデータの定義(計算等も含む)
・ビジネスルールとアルゴリズム
・データモデル(概念データモデルと論理データモデル)
・データクオリティの説明(信頼度と完全性に関する指標など)
・データ更新のサイクル
・法的または契約上の制約
・レポートの一覧およびデータコンテンツ
・有効な値に関する制約
 …
テクニカルメタデータ、オペレーショナルメタデータの一般例
・データのアーカイブと保存のルール
・抽出データと処理結果データの履歴
・ソースシステムのフィールドの特定
・ジョブとジョブの前後関係、および実行スケジュール
・プログラム名と説明
・リカバリーとバックアップのルール
・データモデルとDWH/DMの関連性
・ユーザによるレポートおよびクエリ時のアクセスパターン、頻度、実行時間
 …
プロセスメタデータの一般例
・組織所有者とステークホルダー
・プロセスの依存関係
・プロセス名
・プロセスの順序とタイミング
・インプットやタイミングによるプロセスの変化
・役割と責任
 …

オージス総研のメタデータ管理コンサルティングでは、お客様の目的や課題に基づき、適切なメタデータを選択し、現実的な仕掛けや運用に落とし込んでいきます。他社への支援ではなく、自らが当事者になって蓄積した知見・ノウハウも活用し、お客様の具体的な課題に対しアプローチいたします。

ページトップへ戻る

お問い合わせ

お問い合わせ

ビッグデータに関するお問い合わせはこちら