データ利活用ロードマップ策定コンサルティング | 株式会社オージス総研
「データ利活用」を成功に導く

データ利活用ロードマップ策定コンサルティング

概要 データ利活用 プラットフォーム 継続的利用 事例 講演資料

ソリューションの概要

ここ数年来、企業内外に蓄積されているデータを利活用して経営や日々の業務に活かせないかという動きが活発になっており、様々なベンダーやSIerから多数のBIソフトウェアが発表されています。確かに昨今のように外部環境の変化が読みづらく、見えづらい状況において、データ利活用は非常に有効な活動であると思われます。ただ、データ利活用を進めるにあたって「目的が明確でない」状態で進めるのは、目的地への地図やそこへ至るための羅針盤が無い状態で航海に出るようなものです。こうした課題に対応するために、オージス総研の「データ利活用ロードマップ策定支援」サービスは、企業の皆様が「目的地」へと到達するお手伝いを行います。

サービス概要イメージ

ソリューションの概要

このようなお悩みはありませんか?

  • そもそも何をすれば良いのか?
  • データをどのように活用すればよいか?
  • 会社・組織の目標とどのように整合性を取ればよいのか?
  • 誰が主体となって進めるべきなのか?
  • 組織にどう定着化させるか?

これまでに、データ利活用あるいはビッグデータに関する情報が数多く出てきており、各企業様は「データ利活用、ビッグデータとはどういうものか」というイメージを持ち始めていると思われます。しかし、実際にデータ利活用を進めるにあたっては、上記のような疑問に対する回答を用意していく必要があります。

課題解決の方向性

1.「現実的な計画」を立案
  • オージスージス総研独自の「データ利活用ポジショングリッド」を使用することにより、「身の丈にあったデータ利活用計画」の立案が可能となります。
2.参画型コンサルティングでお客様内にノウハウを蓄積
  • 「参画型コンサルティング(お客様との対話と共同作業を中心としたコンサルティング)」により、お客様側にノウハウの蓄積を行い、ご自身による継続的改善が実施できる環境を整えます。
3.計画実行時の総合的なサポートを提供
  • 計画立案の後も、分析のコンサルティングから、データ利活用基盤(システム)の構築とその運用まで、その計画を実現するためのBAソリューションをトータルにご提供できます。

ソリューションの特長

データ利活用ロードマップの策定

経営戦略/事業目標/部門目標など、お客様が到達したい「目的地」とその「目的地」に応じた(データ利活用に関する)目指すべき「将来像」を設定し、その「将来像」ひいては「目的地」への到達を現実的なものにします。

データ利活用ロードマップの策定

データ利活用ロードマップの策定

データ利活用ポジショングリッドの活用

「展開レベル(データ利活用を適用する範囲)」と「データ利活用ステージ(利活用するレベル)」の2軸を使用したポートフォリオで、データ利活用の適切な利活用度合いを測ります。組織内におけるデータ利活用を適用する範囲(部門、全社など)とデータを利活用するレベル(レポーティングとしてのみ利用、現状分析など)は必ずしも比例しているわけではないため、「展開レベル」と「利活用レベル」の2軸によるポジショニングが必要となります。

データ利活用ポジショングリッドの活用

データ利活用ポジショングリッドの活用

ソリューションの主な流れ

  タスク 概要 インプット アウトプット
(現状)
成熟度把握
「データ利活用ポジショングリッド」を使用し、お客様のデータ利活用レベルを診断します。 ・(データ利活用ポジショングリッド診断シートを使用した)お客様からのヒアリング情報 ・ポジショングリッドにおける現状(以降、As-Is)
データ利活用導入ゴール設定 経営計画・事業計画や、判明している業務課題、現状(As-Is)を基にして、お客様のデータ利活用の将来像(To-Be)を決定します。 ・(お客様の)経営計画、事業計画など
・As-Is
・ポジショングリッドにおける将来像(以降、To-Be)
・To-Beに向けての課題
Can-Be設定 データ利活用の将来像(To-Be)と、それに向けてのデータ利活用に関する課題をベースにして、実現可能ステッ プ(Can-Be)を設定します。 ・To-Be ・To-Beに向けた現実的な実現可能ステップ(以降、Can-Be)
・Can-Beへの各フェーズにおける実施項目
業務課題に対する施策策定 判明している業務課題と、To-Beに向けて解決すべきデータ利活用に関する課題の双方を用いて、施策を策定します。 ・To-Beに向けての課題 ・施策概要
ロードマップ策定 課題に対する施策と、実現可能ステップ(Can-Be)や将来像(To-Be)に向けた実施項目をベースに、(計画表としての)データ利活用ロードマップを策定します。 ・Can-Beへの各フェーズにおける実施項目
・施策概要
・データ利活用ロードマップ
実行計画策定 データ利活用ロードマップの中から、ある一定期間(Ex. 今年度中)を抜き出し、作業大項目レベルにまで落とし込んだ「データ利活用実行計画」を作成します。 ・データ利活用ロードマップ ・データ利活用実行計画

ページトップへ戻る

お問い合わせ

お問い合わせ

ビッグデータに関するお問い合わせはこちら