お客様の価値向上につながるIoTサービスを共有する

IoTソリューション

Iot Solution

IoTでビジネスの「価値づくり」に貢献いたします!

昨今では製造業を中心にIoTへの取り組みが活発化しており、あらゆる産業でIoT活用に期待が高まっています。
オージス総研では、お客様がIoTを有効活用した自社製品の付加価値向上、生産現場における改善、
アフターサービス変革等をご支援することで、お客様のビジネスにおける「価値づくり」に貢献いたします。

オージス総研の3つの強み

  • 1

    お客様の課題に応じた柔軟な支援

    お客様のIoT活用を課題や
    検討フェーズに応じて、
    幅広いメニューで、柔軟にご支援します。

  • 2

    お手軽にスモールスタート

    ワークショップやPoCなど、
    お手軽にスモールスタートいただける
    メニューを準備しています。

  • 3

    豊富なIoT事例

    大阪ガスのエネファームや
    ekulの事例の他、製造業を中心に
    多数のIoT活用やデータ分析の実績を
    有しています。

お客様の課題に応じてご支援をいたします。

  • IoTを活用して自社製品やサービスの付加価値を向上させたい、だけど…
  • IoT製品やサービス開発、PoCを行いたいが何から手を付けてよいかわからない 自社の新製品・サービス企画をIoTを活用してアイデアを出したい IoTを活用して、自社製品のアフターサービス変革を進めていかなければならない
  • 自社製品やサービスの付加価値を向上させる解決ソリューションを見る
  • IoTを活用して生産現場(工場)の改善や生産性向上にしたい、だけど…
  • 不良品を減らし、品質向上を図っていきたいが自社の要因だけではスキルが足りない IoTを活用して自社工場の改善や生産性向上を行いたいが何から手を付けてよいかわからない 自社工場設備の稼働データ等は既に取得できているがデータ分析のやり方がわからない
  • 生産現場(工場)の改善や生産性を向上させる解決ソリューションを見る

IoTを活用して
自社製品やサービスの付加価値を向上させたい

IoTを活用した自社製品の付加価値向上やまったく新しい製品・サービスの開発、また、アフターサービスの付加価値向上のためのIoT活用などについて、お客様の検討フェーズに応じた柔軟なご支援をいたします。

1製品企画/アフターサービス構想 2PoC(検証) 3構築 4データ分析・活用

IoTソリューションに関するお問い合わせはこちら

製品企画/アフターサービス構想

貴社のIoTの新製品・サービス創出に、「サービスデザイン思考」を活用してみませんか?
サービスデザイン思考とは、「顧客の視点から問題点を見つけ出し、顧客にとって好ましく、価値があるアイディアを発想し検証し、提供者の視点から、全体のサービスをデザインし、ビジネスとして提供すること。」です。
新製品・サービスの創出はもちろん、製品を販売した後、IoTを活用することでお客様の経験や満足を高めていくためのアフターサービス変革の構想づくりについても、サービスデザイン思考を活用したコンサルティングを通じて、オージス総研がご支援いたします。

PoC(検証)

本格的な開発に入る前に、まずは、検証環境を使って、センサー情報の収集やデータの可視化等を試してみたいお客様には、基本的なIoT構築技術を習得することができる「IoT基礎技術トレーニング」や、センサー情報収集から可視化までをクラウドを使って、簡単にPoCすることができる「IoTかんたんパック」をご利用いただけます。

構築

オージス総研は、長年にわたり、さまざまメーカ様の多様なデバイスに搭載する組み込みソフトウェアを対象に改善や開発のソリューションをご提供しています。IoTに関する開発においても、IoTデバイスに搭載するソフトウェア開発を中心に、セキュリティを確保するためのコンサルティングサービスやメッセージングプラットフォーム、クラウドプラットフォームなどを提供することで、お客様のIoTシステムの本格開発をご支援いたします。

データ分析・活用

各IoTデバイスのセンサーから得られた情報を分析、活用することで、新たな付加価値やビジネス機会を創出できる可能性があります。
オージス総研では、独自に開発し、実績のある「データ分析戦略フレームワーク」を中心に、様々なデータ分析ソリューションを提供し続けてきたことにより、データ分析に関する豊富な経験があります。IoTに関するデータ分析のコンサルティングから分析プラットフォームまで、ご支援いたします。

IoTソリューションに関するお問い合わせはこちら

IoTを活用して
生産現場(工場)の改善や生産性向上にIoTを活用したい

製造業はインダストリー4.0をはじめとするグローバルの潮流にあり、その工場の生産ラインはさらなる高度化・効率化を求められています。欧州発のインダストリー4.0では、工場内外、顧客も含めた大量のデータを利活用し、生産ラインを自動で組み替えていくなどといった「自ら考える工場-スマート工場」の実現を目指しています。
世界の流れに遅れを取らぬよう、製造業においては「まずできることから」取り組みを進められている企業も多いかと思います。このような、IoTを活用した生産ラインの改善や生産性向上等の実現を、オージス総研がご支援いたします。

  • 生産現場へのIoT活用における今後のロードマップを策定したい
  • IoTコンサルティング
  • 企業の皆様が「新たな価値向上につながるIoTサービス」を実現するためのご支援を、コンサルティングを通じて行います。

  • 製造現場でデータの可視化や分析、機械学習を活用したい(エッジコンピューティング)
  • FogHorn Lightning
  • 製造データのリアルタイム可視化・分析ツール「FogHorn」。製造現場の“異常”を素早く検知します。

  • 生産ラインのセンサーデータを活用した「装置異常の予兆検知」「不良要因の解析」等を行いたい
  • 生産ライン向けデータ分析ソリューション「マドラー」
  • IoTを活用して収集した生産ラインのデータを、独自の知見で分析。「予防保全」、「歩留まりの向上」等に貢献いたします。

資料請求、お見積り等のご依頼等はこちらからお気軽にお問い合わせください

IoTソリューションに関するお問い合わせはこちら