お客様の価値向上につながるIoTサービスを共創する

IoTソリューション

サービスデザイン思考 IoTワークショップ
~ サービスデザイン思考を活用した新IoT製品・サービス創出ワークショップ ~

製造業の製品企画・設計・開発のご担当者の皆様へ

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?
  • IoTを活用した新製品を企画したいが、なかなか良いアイデアが浮かばない。
  • 自社製品のアフターサービスに、なにか付加価値を付けたいが、何から手を付けたらいいかわからない。
  • 自社メンバーだけの商品企画だと、ユーザ視点のニーズ取り込みに限界がある。

貴社のIoTの新製品・サービス創出に、
「サービスデザイン思考」を活用してみませんか?


■ サービスデザイン思考とは

サービスデザイン思考とは、「顧客の視点から問題点を見つけ出し、顧客にとって好ましく、価値があるアイディアを発想し検証し、提供者の視点から、全体のサービスをデザインし、ビジネスとして提供すること。」です。

IoTを活用した新しいサービスの創出には、「顧客」の実現したい事が重要であると考えます。ただし、この顧客の実現したい事は、必ずしも明確ではありません。場合によっては顧客さえ、意識していないこともあります。

サービスデザイン思考

オージス総研は、「お客様」と共に、「顧客(お客様のお客様)」の実現したい事をデザイン思考のプロセスを通して、アイディアとして明らかにしていきます。
そして、そのアイディアを用いた、ビジネスモデルを検討します。さらには、システム思考により、動的にシュミレーションします。


■ サービスデザイン思考の基本方針

参加型ワークショップ

お客様と共創するスタイル(参画型ワークショップ)で進めていきます。

参加型ワークショップ

インタビュー・行動観察

インタビューやユーザーの行動を観察することで、潜在的な問題を発見します。

インタビュー・行動観察


■ 進め方の例

IoTの新しいサービスを提供するためには、それはどういった内容か、それをどう実現するか、そのサービスを本当に提供できるのか、どのようにサービス内容/提供範囲を拡げていくのか、といった事を検討する必要があります。
そのため、弊社は、以下のような進め方を推奨しています(※)。

進め方の例

※ 進め方については、お客様のご要望等により、個別に調整することができます。



■ オージス総研の強み

① デザイン思考案件の豊富な実績
日本におけるデザイン思考の分野において、弊社は“草分け”的な存在であり、早くから企業におけるデザイン思考導入のご支援を差し上げております。
中でも、デザイン思考のステップでも最も重要と言われる「探求(共感、問題定義)」における、“潜在的な問題を発見するための『フィールドワーク』”については、机上の理論ではなく、実フィールドでの経験を多く経験しています。

② デザイン思考 と IoTソリューション を統合したご支援が可能
弊社には、デザイン思考とIoTソリューションに関する知見・経験を有したコンサルタントが各々在籍しており、そのコンサルタントが連携して、お客様の課題解決に当たっております。

③ アイデアを実現する「IoTソリューション」の提供
IoTクラウドプラットフォームやデータ分析、組込開発ソリューション等により、コンサルティングだけではなく、その先のフィージビリティスタディ、サービス開発についてもご支援可能です。


資料請求、お見積りのご依頼等はこちらからお気軽にお問い合わせください



ページトップへ戻る

関連コンテンツ

お問い合わせ

お問い合わせ

IoTソリューションに関するお問い合わせはこちら