サイバー攻撃から企業を守る

オージス総研のエンドポイント
セキュリティソリューション

重要情報が漏えいしてしまった!!
セキュリティ対策は万全だと思っていたのに…

サイバー攻撃は決して他人事ではありません!

「うちにサイバー攻撃は来ない」「うちに重要な情報はない」と思っていませんか?
全ての企業や組織は、悪意のある者から狙われているのです。

高度化・巧妙化するサイバー攻撃にはエンドポイントの多層防御!

どんなに優れた対策製品であっても、単一の製品で攻撃を100%防ぐことは困難です。
攻撃者が標的とする従業員を保護する為には、複数のエンドポイント対策の組み合わせと、
従業員のセキュリティ意識向上で対応することが重要となります。

サイバー攻撃による情報漏えいを
防ぐためのエンドポイント対策

サイバー攻撃を受けることを前提として、
既知の脆弱性への対策及び未知なる攻撃への備えを行うことが必要です。

「未知なる攻撃」「既知の脆弱性が標的」両方に備えることが必要

未知なる
攻撃

既知の
脆弱性が標的

cybereason(サイバーリーズン)

感染してしまった
マルウェアの早期検知

ivanti

セキュリティパッチ
適用の徹底

標的型メール訓練Next

マルウェア感染防止
及び早期検知

あなたの会社は大丈夫?

サイバー攻撃の対策ポイントをチェックしてみましょう。

  • 従業員は標的型攻撃の危険性を正しく理解していますか?
  • OSやアプリケーションのセキュリティパッチは、最新になっていますか?
  • もしマルウェアが感染したとき、
    検知する方法はありますか?
  • 従業員が標的型メールを開封すると、マルウェアに感染し、情報を抜き取られたりすることも。
    標的型メールを開くとどうなるかを、従業員に理解してもらうことが重要です。
  • 悪意のある者にOSやアプリケーションのバグを突かれるとマルウェアが送り込まれ、情報の改ざんやシステム破壊という被害が起こることも。
    それを防ぐためにもセキュリティパッチは常に最新の状態にしておく必要があります。
  • マルウェア感染に気付かないと、被害を被るだけでなく、攻撃者に利用され社会的信用を失うことも。
    マルウェアの感染を発見・追跡し、対策を行うための仕組みが必要です。

システムと人の両面から守ります。

システムだけでサイバー攻撃を完全に防ぐことは難しく、従業員の意識向上も必要です。
オージス総研は、システムと人の両面でお客様をサイバー攻撃から守るソリューションを提供します。

オージス総研のエンドポイントセキュリティソリューション

  • 標的型メール訓練Next

    標的型攻撃メールを疑似体験することで、全ての従業員に対し、不審メールへの感度を上げることができます。
    また、有事の際に従業員が適切な行動を取るための訓練を事前に行い、組織としての対応力を強化します。

    詳細を見る

  • ivanti

    OSをはじめ、様々なベンダーのアプリケーションパッチ情報を一元的に収集し、その中から必要なセキュリティパッチを管理者から容易に配信する機能を有します。

    詳細を見る

  • cybereason(サイバーリーズン)

    パソコンに感染したマルウェアをリアルタイムに検知・追跡し攻撃の全体像を可視化します。また、被害拡大の抑止措置や原因の特定といった、インシデントの初動対応をスムーズに行うことができます。

    詳細を見る