オージス総研 顧客視点のWEBサイト構築

分析から企画・制作・運用までワンストップでサイトの構築を実現

ユーザーの行動やタッチポイント、感情の変化を時系列で可視化

カスタマージャーニーマップ

ユーザーの行動やタッチポイント、感情の変化を時系列で可視化

カスタマージャーニーマップはユーザーの行動や感情を俯瞰しながら、同時に意思決定を進めるツールです。

カスタマージャーニーマップ図説

カスタマージャーニーマップの構成要素

カスタマージャーニーマップは基本的に下記の要素で構成されます。

  • ー 行動
  • ー タッチポイント
  • ー 思考、感情
  • ー 感情曲線(モチベーション)
  • ー 課題

カスタマージャーニーマップのメリット

  • ー ユーザーの行動や感情を俯瞰することができる
  • ー プロジェクトメンバーでユーザーに対する共通理解を得やすくなる

カスタマージャーニーマップ作成の手順

ユーザーの行動とタッチポイントをプロットする
まずユーザーの行動を時系列で洗い出します。
ユーザーの思考や感情をプロットする
ユーザーの行動の裏側でどんなことを考えているのか、どう感じているのかを洗い出します。感情の動きを関係者で共有しやすくするために感情曲線を描きます。
課題を抽出する
各タッチポイントにおける課題などをプロットします。
カスタマージャーニーマップを完成させる
ソリューションを考える
カスタマージャーニーマップをもとに設定した課題を解決するアイデアを考えます。

Site Planning
顧客分析/企画

WEBサイトの目的を定義し、現状課題と改善策を導き出します

アクセスログ分析 〉
WEBサイトへのアクセス状況を把握します
ユーザビリティテスト 〉
顧客が言語化できない課題を"見える化"します
ABテスト 〉
複数のクリエイティブを試して
効果的なものを採用します
顧客インタビュー 〉
インタビューすることで
顧客のインサイトに迫ります
ペルソナ 〉
仮想ユーザーを設定してWEBサイトを企画します
カスタマージャーニーマップ 〉
ユーザーの行動やタッチポイント、感情の変化を時系列で可視化します