ObjectSquare [2001 年 10 月号]

[技術講座] CppUnit 入門


CppUnit 入門

株式会社 オージス総研
オブジェクトテクノロジー・ソリューション部
伊藤 喜一


はじめに

 CppUnit は C++ の単体テストを自動化するフレームワークです。XP (eXtreme Programming) の提唱者として知られる Kent Beck と、デザインパターンで有名な Erich Gamma が開発した JUnit (Java) を、Michael Feather が C++ に移植したのが最初です。
 私が JUnit や CppUnit (xUnit と総称) の存在を知ったのは Martin Fowler の「リファクタリング」からでしたが、読んですぐにぜひ使ってみたいという衝動に駆られました。私が携わっているのは C++ による組込み系のプロジェクトでしたので、早速 CppUnit をダウンロードしたのですが、どうも MSVC++ で開発したらしく、gcc でビルドするにはソースに多少手を入れる必要がありました(*)。また、例外や RTTI (実行時型識別) 等を使用しており、組込み系のプアな環境では使いにくいものでした。そこで、例外や RTTI 等 C++ の比較的新しい機能を使わない修正を加えて公開したところ、何人かの方から好評をいただきました。また、チュートリアルが欲しいという要望もいただいています。

 そこで今回、簡単なゲームプログラムを題材に CppUnit の使用法を説明しようと思います。あわせて、私が最近開発環境として愛用している Autoconf/Automake も簡単に紹介できればと考えています。なお、今回使用する CppUnit は私が改良したバージョンを対象としていますが、オリジナルの CppUnit との違いについてもときどき触れたいと思います。

* Ver.1.5.2 以降はそのまま gcc でビルドできます。

《参考文献・URL》


目 次

  1. インストール
  2. 例題: サイコロゲーム
  3. プロジェクトの準備
  4. はじめの一歩
  5. テスト作成テクニック
  6. サイコロゲーム完成!! \(^o^)/

 xUnit をあまりご存知ない方は、最初に2章と4章にざっと目を通されるとよいと思います。



記事の内容を5点満点で評価してください。
1点 2点 3点 4点 5点
記事に関するコメントがあれば併せてご記入ください。
  

© 2001 OGIS-RI Co., Ltd.
HOME HOME TOP オブジェクトの広場 TOP