Red Hat社が提供するビジネスルールマネジメントシステム(JBoss BRMS)

ビジネスルールを「管理」し、アプリケーションの開発・運用や通常業務を効率化・簡素化

通常、ビジネスの活動は何らかの判断基準(ビジネスルール)に基づいて行われます。一見、シンプルな判断結果にみえても、その裏側では非常に多くのルール(アプリケーションではプログラム)による分岐が積み重なっています。BRMS(Business Rule Management System)とはこのように定義されたビジネスルールを定義、実行、管理するためのソフトウェアです。BRMSを用いることで頻繁に変更されるビジネスルールをアプリケーションから切り出し、管理、実行する「仕組み」が出来上がり、これによりアプリケーションの開発・運用や日常業務の効率化・簡素化が可能になります。

Red Hat社が提供するビジネスルールマネジメントシステム(Red Hat JBoss BRMS)

■Red Hat JBoss BRMSについて

オージス総研はRed Hatのビジネスパートナーとして、Red Hat JBoss BRMSの販売、サポートを行っています。

Red Hat JBoss BRMSはRed Hatが提供するオープンソースのBRMS製品であり、統合されたビジネスルール基盤を提供します。Red Hat JBoss BRMSの構成は以下の通りです。

 

 

              

 

 

 

 Red Hat JBoss BRMSではガイド付きのルールエディターやディシジョンテーブルに沿って設定していくことが可能で、複雑なルールを簡単に管理することが可能です。

 

 

 

          

             サンプル:ガイド付きルールエディター

 

 

サンプル:ガイド付きディシジョンテーブルエディター

 

■ご提供可能なBRMS関連サービス

オージス総研では以下のBRMS関連サービスのご提供が可能です。

 

(1)業務可視化サービス

 BRMS導入を前提としたお客様の業務の可視化を行います。

 

(2)BRMS導入のためのコンサルティング、PoC実施

BRMSを導入するためのコンサルティングや特定のテーマを検証するためのPoCの実施を行います。

 

(3)BRMSを用いた開発

BRMSを用いたシステム開発を行います。

 

(4)BRMS製品の販売、サポート

オージス総研はRed Hatのビジネスパートナーとして、Red Hat JBoss BRMSの販売、サポートを行っています。

 

■ビジネスルールマネジメントシステム(BRMS)とは

BRMS(Business Rule Management System)とは上記のように定義されたビジネスルールを定義、実行、管理するためのソフトウェアです。BRMSを用いることで頻繁に変更されるビジネスルールをアプリケーションから切り出し、管理、実行することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BRMSを用いることで、エンドユーザーが記述するビジネスルールに近い業務担当者が理解しやすい形のビジネスルールを定義でき、定義したビジネスルールをそのまま実行することができます。また、BRMSを用いることでビジネスルールが利用する業務を定義、バージョンを管理を行います。

BRMSではプログラム本体とルール部分を分離することにより、業務の変更に対するシステムの対応をルール部分の変更、追加のみで対応可能とすることで、ビジネスの変化に対するシステムのより効率的な開発・運用が可能です。

ページトップへ戻る

ビジネスルールとは

■ビジネスルールとは

ビジネスの活動は何らかの判断基準に基づいて行われます。この判断基準をビジネスルールと呼びます。

 

例えば会社で社員が物品を購入する場合どのようにすればいいのでしょうか。

 

- 1万円未満の物品を購入したい場合=>直属の上司の許可を得てから、購入して領収書にて精算する。
- 1万円以上、10万円未満の物品を購入したい場合=>マネージャ決裁を完了してから、購入する。
- 10万円以上、100万円未満の物品を購入したい場合=>部長決裁を完了してから、購入する。
- 100万円以上の物品を購入したい場合=>社長決裁してから、購入する。

 

 

 

このように物品を購入する場合の手順をビジネスルールとして明確化することで、業務の手順があきらかになり、何かアクションをすばやくかつ誤りの少ない業務を行うことができます。

■BRMSでのビジネスルールの定義について

通常であれば、多くのルールが必要となる場合でもBRMSで定義すれば、非常に簡易にルール化が可能です。BRMSで定義するビジネスルールの例を以下に示します。ここで例として挙げるビジネスルールは簡単に理解できるように擬似的な記述を使用しています。

 

 

 

 

 

 

例えば携帯電話の決裁基準を新たに設けたい場合、以下のようなルールを追加することで即座に対応できます。

 

 

 

■BRMSの適用が有効な業種・業務

BRMSは様々な業種、業務に適用可能ですが、その中でも適用が有効な業務、業種を例として以下のようなものがあります。

(1)クレジット、ローンにおける与信

(2)生命保険における保険料の計算

(3)マネーロンダリング、クレジットカード不正利用の検出

(4)携帯電話の料金シミュレーション

(5)製造業における製品の出荷検査

(6)コールセンターにおけるサービスのナビゲーション

ページトップへ戻る

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です