広報アイコンはじまるくんひろば 2011年度の広報


2012年1月6日付京都新聞に掲載されました

昨年12月、サンモアテックさまの協賛により東日本大震災により京都府内へ避難されている方へ向けた「はじまるくんパソコン寄贈プログラム」を実施いたしました。その様子が京都新聞に掲載されました。

2012年1月6日付(21面・地域)京都新聞掲載記事

<記事概要>

「避難者に中古パソコンを」

好評で今春2回目寄贈へ/就職、被災地情報に活用

東日本大震災や福島第1原発事故に伴う府内への避難者に、中古パソコンを無料で提供しようと、京都府社会福祉協議会と大阪の情報サービス会社が共同で取り組み、好評を得ている。今春に2回目を実施するため準備を進めている。

府社協や京都市社協などが運営する京都災害ボランティア支援センター(上京区)では、避難者から情報を得る手段としてパソコンが必要という声が多く寄せられ、昨年7月から検討を始めた。

洗浄剤などで汚れを落とした中古パソコンを社会貢献活動として障害者施設などに寄贈している、大阪ガスグループの「オージス総研」(大阪市)が協力。別の会社から提供された中古のノートパソコン20台を避難者に贈ることになった。

11月に希望者を募ると「就職活動で必要」「被災地の状況を知りたい」などの声とともに、用意した台数の3倍に当たる60人の申し込みがあった。抽選で寄贈者を選び、12月中にそれぞれ配布した。

福島氏から小学生の長男(10)と宇治市に避難しているパート従業員山浦江子さん(47)は「地震でパソコンが壊れたが、生活費の節約で買えなかった。これからはインターネットが使えます」と喜んでいた。

府社協は希望者が多かったことから、さらに20台の寄贈を検討。2月以降の募集開始に向け、オージス総研と調整している。府社協は「避難者にとって情報を得るためにパソコンは重要な道具。関心が高ければ、今後も継続できないか考えていきたい」としている。

*この内容は、オージス総研対外ホームページ「お知らせ」にも掲載しております。
http://www.ogis-ri.co.jp/news/1199271_6734.html

2012/1/6


雑誌「ウォロ」2011年11月号に掲載されました

<記事概要>

「探求!SR(社会的責任)時代の企業市民活動」第6回

使用済みパソコンのクリーンアップで障害者の就労支援とNPOの情報化を支援する「はじまるくん寄贈プログラム」についての特集記事が3ページにわたり、委託先の作業所での作業風景などの写真とともに掲載されました。

◆パソコンのリユース事業にプラスアルファする

オージス総研はパソコンのリユース事業を軸にした社会貢献活動を進めているが、さらに「障害者の就労支援」という特徴をも併せもった社会貢献活動となって広がりはじめている。

使用済みパソコンを廃棄処分しないことは、CO2排出量削減につながり環境問題に貢献する。

障害者の就労機会、工賃の向上をめざして、パソコンのクリーンアップの作業を「仕事」として、福祉作業所に委託することで、障害者に安定した就労機会を提供する。

◆美しくよみがえるパソコン

クリーニングの手順は、福祉作業所の職員によって、障害者の得意分野に応じて細かく工程化される。福祉作業所に委託したクリーニング作業は2010年度末には1000台を突破、今年2月からはソフトウエア導入作業の委託へと仕事の内容も広がっている。

◆パソコンの多様な行き先

美しくなったパソコンは、大阪ガスグループ社員による購入を通して、社会貢献に参加する意識の向上に寄与している。 またNPO等にも寄贈され活動の情報化を支援、寄贈先は近畿2府4県に拡大している。

「はじまるくん」と命名されたこの仕組み、2010年度には大阪ガスグループを含む計10社以上の企業から使用済みパソコンが提供され、4つの福祉作業所へ作業を委託、59団体へ137台を寄贈した。さらに関西を越えて愛知県にも広がっている。

◆関連会社にも息づく企業理念

「はじまるくん」を推進するのはオージス総研社会貢献活動推進室の4社内や大阪ガスグループの関連部門の協力を得ながらPC提供企業、福祉作業所ならびに寄贈先間のコーディネートを手掛けている。

地域での資源循環や障害者の就労支援、さらにはNPO活動に貢献するオージス総研の「はじまるくん」だが、そこには親会社である大阪ガスの企業理念が通底しているようだ。ガスの配給という公益性の高いサービスを提供する企業文化が育んできた「地域密着」の姿勢がある。

大阪ガスグループの「地域社会の一員」という企業理念が関連会社にも浸透し、「リユースパソコンの地産地消」といったアイディアにつながっている。

「オージス総研による社会貢献が、企業・団体、障害者の就労支援と社会福祉・ボランティア団体等の情報化支援を推進していくに違いない。」という言葉で特集記事は締め括られています。

市民活動総合情報誌『ウォロ(Volo)』
ボランティア・NPOをもう一歩深く! そんな、大阪ボランティア協会が発行する市民活動総合情報誌です。

2011/11/20


2011年11月10日付毎日新聞奈良版に掲載されました

<記事概要>

「一歩・障害を越えて」

福祉施設のIT化に NPOが中古PC無料レンタル /奈良

障害者の就業をITで支援するNPO「ぷろぼの」(奈良市)が、修理した中古パソコンを福祉施設に無料でレンタルする事業を今年9月から始めた。障害のある人たちからは、働く場に新しくパソコンが提供され、仕事に役立つと好評だ。

「ぷろぼの」では、「福祉施設のIT化を応援したい」と、オージス総研から中古パソコンを譲り受け、今までのデータを削除し最新のソフトウエアを入れたりして、レンタル用に再び使えるようにしている。今までに同県内の8施設に13台のパソコンをレンタルしてきた。

「福祉施設は、パソコンの設置がとても遅れているのが現状」と「ぷろぼの」の阿南雅昭・センター長代理は話す。「40~50人の障害者が通う施設でも、事務所に2、3台ぐらいしかないところが多い。パソコンがもっとあれば、情報を共有できるし、時間も効率的に使える」と強調する。今後も福祉、市民団体を中心にレンタルを進め、障害のある人のパソコンへのアクセスを支援するつもりだ。

*この活動に使用されているパソコンの一部は大阪ガスエンジニアリングさまからご提供のパソコンが活用されています。

*この記事は毎日新聞Webでも紹介されています。
毎日jp
http://mainichi.jp/area/nara/news/20111110ddlk29100490000c.html

*NPO法人 地域活動支援センターぷろぼの http://purobono.itrobo.net

2011/11/10


2011年9月14日付ガスエネルギー新聞に掲載されました

<記事概要>

「再利用PCを寄贈 はじまるくんプログラム」

オージス総研は、障害者の就労支援とIT支援などを目的に、福祉作業所にクリーニング・再生を委託したリユースパソコンを市民活動団体に寄贈する「はじまるくん寄贈プログラム」を昨年度から実施している。

9月2日、大阪ガス御堂筋東ビルで贈呈式を行い、寄贈先17施設が参加した。

プログラムに参加する企業数は昨年から4社増え、寄贈エリアは昨年の大阪府下から近畿2府4県に広げ、寄贈パソコンの台数は昨年の25台から80台に増やした。寄贈先は障害者施設など75施設を選考した。

贈呈式では、大阪ガス黒田副社長が寄贈先代表者の「ワークセンター小路」に目録を手渡し、続いて社会福祉法人「ひまわり」より大阪ガス稲村近畿圏部長に感謝状が手渡された。

オージス総研の平山社長は、リユースパソコン80台のクリーニング・再生作業を行った「大阪府ITステーション」と地域活動センター「ぷろぼの」に対し、感謝状を手渡した。

2011/9/14


大阪ガスCSRサイトに掲載されました

大阪ガスCSRサイトにはじまるくんの取組みが掲載されました。

寄贈されたパソコンを活用していただいている様子や、福祉作業所での再生作業や解体作業をしている様子等が写真で掲載されています。

<掲載箇所>

大阪ガスCSRサイト CSR憲章Ⅲ

社会とのコミュニケーションと社会貢献 良き企業市民として

関係会社のソーシャルビジネス

『障がい者の就労支援と非営利団体の情報化を支援する
「はじまるくん寄贈プログラム」がスタート』

2011/7/31


examiner(イグザミナ)2011年5月号に掲載されました

<記事概要>

環境保全への貢献と同時に障がい者の就労を支援する当社の社会貢献活動「はじまるくん」が注目されているという記事が、雑誌examiner(イグザミナ)2011年5月号特集3ページにわたり、委託先の作業所での作業の様子などの写真とともに掲載されました。

活動は、2005年、“もったいない”という発想が始まり。大阪ガスグループのCSR憲章“環境との調和と持続可能な社会への貢献” に基づいて、CO2排出量削減効果への寄与という環境貢献活動の 一環として始めた事業だった。結果として、樹木が一年間に吸収するCO2量に換算して6万5000本に相当(2009年度実績)する効果 を上げた。これが「はじまるくん」プロジェクトとしての社会貢献をめざすスタートとなった。こんな風に記事は始まっています。

「作業委託プログラム」では、これまでに1000台を超えるパソコンが福祉作業所でクリーニングされ、その一部を大阪ガスグループの従業員向けに販売したり、「寄贈プログラム」においては、サンモアテック様等のご協力もあり、福祉作業所や市民活動団体等へ寄贈された実績が紹介されています。

最近では、USJさまが社会貢献プロジェクト「USJ Dream Weavers」 を通じて活動に参画してくださっていること、そしてこのはじまるくん活動が、障がいのある方や高齢の方の雇用の場を増やし、適正なリサイクルの実施に貢献していることが紹介されています。 また、オージス総研が、パソコン再生以外にも福祉作業所への作業を委託を様々な形で行い、福祉作業所とご理解のある企業との橋渡 しをしていることなど、「はじまるくん」活動の輪は、大阪から近隣二府四県へと広がりつつある・・・という言葉で特集記事は締められています。

雑誌「examiner(イグザミナ)」: ジャーナリズムを基調とした月刊総合誌。

政治、経済、文化の情報発信を関西から・・・と大阪の出版社から出版中。創刊は1987年10月。

2011/5/12


ページトップ