広報アイコンはじまるくんひろば 2012年度の広報


第10回企業フィランソロピー大賞・特別賞「働く誇りを共に賞」受賞

これまで活動してきました、社会貢献活動「はじまるくん」が第10回企業フィランソロピー大賞・特別賞「働く誇りを共に賞」に選ばれました。

■企業フィランソロピー大賞とは:

社会の課題解決のために自社の経営資源を有効に活かし、経営理念に則った社会貢献活動を顕彰するため、公益社団法人日本フィランソロピー協会により2003年度に設立されたもので、今年度10回目を迎えました。

■受賞内容

特別賞:働く誇りを共に賞

活動の名称:「はじまるくん」~パソコン・リユースによる障害者支援活動~

日本フィランソロピー協会による受賞理由:

  • 大阪ガスグループの情報システムを担うオージス総研は、パソコン・リユース事業を展開しているが、「IT企業の特性を生かした社会貢献」を目的として、障害者に対する就労支援と自立支援を柱とした社会貢献活動「はじまるくん」を推進している。
  • 具体的内容としては、①福祉作業所に中古パソコン・リフレッシュ業務を委託することにより障害者の仕事を増やすこと、②福祉施設等に再生したパソコンを寄贈することにより障害者の自立を支援することである。
  • 「はじまるくん」という活動名称は、多くの地域で多くの企業が同じような障害者支援活動を支援してくれることを期待し、あまねく広げたいという意味を込めたネーミングである。
  • 平山社長は、経営にとってのこの活動の意義として、「社会貢献活動により、社員が自分の会社に誇りに持ってくれる」と語り、社長自らこの活動推進に深く関与している。
■贈呈式

贈呈式は、2月28日(木)に 東京、日本プレスセンタービル10階ホールにて開催される予定です。

2013/1/7


2012年9月25日の神戸新聞に掲載されました

大阪ガスサービスショップ協会さま協賛による、東日本大震災により近畿二府四県に避難した被災者の方へ向けた「はじまるくん寄贈プログラム」の実施において大阪ガスプレスリリースを実施し、9/25付の神戸新聞に掲載されました。

<掲載紙>

神戸新聞 9月25日付 神戸版

<記事全文>

震災被害者にパソコン寄贈

大阪ガス関連団体

東日本大震災の被災者支援として、大阪ガスの関連団体「大阪ガスサービスショップ協会」は27日、神戸市社会福祉協議会に、中古のノートパソコン19台を寄贈する。社協を通じ、同市内に居住している震災避難者に届けるという。

同協会の55周年事業の一環。これまでは義援金などで支援していたが、被災地から移り住んだ被災者は母子での避難が多く、被災地に残る父親との連絡にパソコンが必要との意見を聞いた。

そこで、使用済みパソコンを引き取り、福祉施設でデータなどを消去し、寄贈する社会貢献時事業を行う大阪ガスの子会社「オージス総研」に協力を依頼。同社は大阪ガスグループからノートパソコンを購入し、使用できる状態に整備した。近畿2府4県の各社協を通じ、計74台の被災者に寄贈する。同協会は「少しでも、避難している方々の役に立てれば」としている。

<大阪ガスプレスリリース(生活情報)>

オージス総研と大阪ガスサービスショップ協会は社会貢献活動「はじまるくん」で震災避難者の方にパソコンを寄贈します。

2012/9/25


社会福祉法人兵庫県社会福祉協議会さんより「大阪ガスグループはじまるくんパソコン寄贈プログラム」に対し、感謝状をいただきました

8月10日、神戸元町の兵庫県公館にて行われた『ストップ・ザ・無縁社会』全県キャンペーン推進協議会設立総会にて、兵庫県社会福祉協議会さんより「大阪ガスグループはじまるくんパソコン寄贈プログラム」に対し感謝状をいただきました。

今年度の大阪ガスグループのはじまるくんパソコン寄贈プログラムにおいては、兵庫県下の福祉施設に52台のはじまるくんパソコンを提供いたします。

この“はじまるくんパソコン”をきっかけに新しい「ご縁」が生まれ、『ストップ・ザ・無縁社会』全県キャンペーンの一助になればと思います。

兵庫県社会福祉協議会『ストップ・ザ・無縁社会』全県キャンペーン

2012/8/15


2012年4月25日のガスエネルギー新聞に掲載されました

<記事概要>

「震災避難者にパソコン寄贈」

オージス総研と大阪ガスサービスショップ協会は、この秋、オージス総研の「はじまるくん」の仕組みを活用し、東日本大震災で近畿2府4県に避難した被災者に利用終了パソコン(クリーニング済み)を寄贈する。

母子で避難する被災者が多く、被災地に残る父親との連絡にパソコンを必要とする声があったことから、大阪ガスSS協会が55周年事業としてオージス総研に100万円を寄付した。寄付金を元に約70台購入。福祉作業所にクリーニング作業を委託したのち、社会福祉協議会を通して避難者に寄贈する。

同プロジェクトは被災者支援に加え、福祉作業所でクリーニングを委託することで、障害者就労支援にもつながる。

2012/4/25


ページトップ