オブジェクトの広場は株式会社オージス総研グループのエンジニアによる技術発表サイトです

アジャイル

Scaled Agile Framework (SAFe) 3.0 入門

株式会社オージス総研 技術部 アジャイル開発センター
藤井 拓

オージス総研 製品・ソリューションご紹介

大規模アジャイル開発フレームワークScaled Agile Framework (SAFe)
オージス総研 製品・ソリューションのご紹介

大規模アジャイル開発フレームワーク SAFe (Scaled Agile Framework)

ビジネスニーズにより迅速に対応するため、システムを構築する現場では、スクラムがチーム単位でのアジャイル開発において普及しつつあります。しかし、企業や事業部レベルでアジャイル的な活動を行うためには、部署を越えて一貫性のある戦略や、プロダクト(システム)の企画、大規模なプロジェクトの管理、管理職の役割など従来手法を中心に体系化されていた様々な活動を超えた新たな取り組みが必要となります。アジャイル開発を活用し、企業や事業部レベルの競争力を高めるために、チームを超えた開発プロジェクトと経営レベルの戦略がその方向性を揃え、すばやくシステムを開発、ビジネスを展開することが求められます。 そのために、Dean Leffingwell氏が中心になって開発したScaled Agile Framework (SAFe)は、企業や事業部がリーン|アジャイル開発の導入を企業や事業部全体にまで拡大することを支援し、戦略と開発の一体化する枠組みを提供しています。