オブジェクトの広場は株式会社オージス総研グループのエンジニアによる技術発表サイトです

クラウド/Webサービス

ビットコイン論文からさぐる ブロックチェーンのヒント

オージス総研
樋口 匡俊

記録によると、謎の人物サトシ・ナカモトがビットコインの論文を発表したのは、2008年秋のことでした。それから十年、いわゆる「仮想通貨」とともに「ブロックチェーン」という言葉が広く知られるようになりました。
「ブロックチェーンとはなにか。それはビットコインから生まれた技術である。しかしビットコインはブロックチェーンの一例にすぎない。ブロックチェーンはさまざまな問題を解決する応用範囲の広い技術である。」そんな声もよく耳にします。
大きな期待のもと、さまざまなブロックチェーン・プロジェクトが生まれました。けれどもこれまでのところ、ビットコインに匹敵するような事例やユースケースはまだ生まれていないと言ってよいのではないでしょうか。
本連載では、ビットコイン論文を読みながら、ブロックチェーンについて考える手がかりになりそうなあれこれを紹介します。筆者は電子マネーや暗号技術の専門家ではなく、ブロックチェーンと向きあい始めてから日が浅い者ですが、同じようにブロックチェーンの入口あたりで思いめぐらしている方々と、筆者が思うところの「ヒント」を共有できればと思います。